グローバルヘルス技術振興基金第二期への資金拠出について

2017年6月1日

- 生命を救うイノベーションに対する日本の専門性および能力を活用
- グローバルヘルスに対する当社のコミットメントのさらなる強化

当社は、このたび、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(Global Health Innovative Technology Fund、以下「GHIT Fund」)の活動の第二期に資金拠出パートナーとして参画しますのでお知らせします。今回の参画を通じ、当社は、開発途上国で蔓延する感染症に対する日本のイノベーション加速を目指します。2018年度から2022年度までの5年間に対する当社の拠出金額は5億円であり、当社を含むGHIT Fundの資金拠出パートナーによる第二期へのコミットメントは、総額200億円以上の規模となる見込みです。

GHIT Fundは、HIV/AIDS、結核、マラリア、顧みられない熱帯病等の、特に開発途上国の人々を苦しめる感染症の制圧を目指して、日本の技術、知見、イノベーションを用いた治療薬、ワクチン、診断薬の開発を目的として2013年に設立されました。GHIT Fundは、日本国政府(外務省、厚生労働省)、民間企業、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、英国の財団であるウェルカム・トラスト、国連開発計画が参画する世界初のグローバルヘルスの製品開発(グローバルヘルスR&D)に特化した国際的な官民パートナーシップです。

当社は、2013年のGHIT Fundへの参画以降、同基金を通じ、Medicines for Malaria Venture(MMV)、Drugs for Neglected Diseases initiative (DNDi)、The Global Alliance for TB Drug Development(TBアライアンス)などのProduct Development Partners(PDP)と提携し、マラリア、リーシュマニア症、結核など、特に開発途上国で蔓延する感染症に対する革新的な治療薬の創出に向けた取り組みを進めています。

当社は、現在、医薬品アクセス改善をはじめとするグローバルヘルスの課題解決に向けた取り組みを積極的に展開しています。今回のGHIT Fund第二期への資金拠出を通じ、医薬品アクセス改善に向けたパートナーシップ構築およびイノベーション創出をさらに推進し、当社の取り組みを一層強化することで、引き続きグローバルヘルスに貢献してまいります。

民間、国際機関、先進国政府、途上国政府、慈善基金など、官民一体で出資パートナーとなりワクチンや新薬の開発を進める枠組み

 

以上