日本における武田薬品とPRA Health Sciencesによるパートナーシップについて

2017年2月15日

PRA Health Sciences, Inc. (本社:米国 ノースカロライナ、以下「PRA社」)と武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)は、このたび、2016年9月に公表した武田薬品とPRA社によるグローバルでの戦略的パートナーシップを日本においてさらに拡大することに合意いたしましたのでお知らせします。

本提携では、日本における武田薬品の臨床試験実施業務及び安全性情報関連業務に従事する合弁会社を武田薬品とPRA社がそれぞれ50%の出資比率にて設立し、また、現在武田薬品の連結子会社であり開発業務と安全性情報関連業務に従事する武田医薬データサービス株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田医薬データサービス」)の全株式をPRA社に譲渡します。

これは武田薬品のグローバル研究開発組織における改革の新たなステップであり、武田薬品の日本における開発業務の効率性の改善、グローバル化のさらなる推進を実現できるものと期待しております。

合弁会社については、武田薬品のグローバル開発戦略に従い、臨床第1~3相試験及び市販後にわたるパイプライン全体について、武田薬品の日本開発センターと密に連携しながら臨床試験実施業務及び安全性情報関連業務等の機能を担う予定です。

武田薬品 取締役Chief Medical and Scientific OfficerのAndy Plumpは、「今回のPRA社との提携は、患者さんにより早く医薬品を届けるために、昨年9月に公表した革新的なアプローチを当社創業の地である日本において拡大するものです。双方の専門性を活かした柔軟性の高い事業モデルを構築し、革新的で真に価値のある医薬品を患者さんに提供していくために注力してまいります」と述べています。

PRA社CEOのColin Shannonは、「今回の提携は、両社が日本における臨床開発を推進していくための発展的なパートナーシップによるものであり、当社は日本における臨床開発に熟練した専門家チームと協働していくことになります。武田薬品と協力して、患者さんの生活を改善したいという両社の願いを確かなものにしていきます」と述べています。

合弁会社の設立に際しては、まず武田薬品が100%子会社(以下、「新会社」)を2016年度第4四半期に設立し、新会社が武田薬品の日本開発センターのうち約140名の従業員をはじめとする一部事業を吸収分割により承継し、2017年度第1四半期に武田薬品とPRA社の合弁会社とする予定です。また、これまで日本開発センターの業務をサポートしてきた武田医薬データサービス(従業員約60名)の全株式については、2017年度第1四半期にPRA社に譲渡する予定です。本提携により、武田薬品の2017年3月期の連結業績予想に変更はありません。新会社による武田薬品日本開発センターの一部事業の吸収分割の詳細につきましては、確定次第、お知らせいたします。

PRA社について>

PRA社は、医薬品開発業務受託機関として、収益面において世界のリーディングカンパニーのひとつであり、臨床開発サービスをバイオテクノロジー業界および医薬品業界に提供しています。PRA社のグローバルな臨床開発基盤は、北米、欧州、アジア、ラテンアメリカ、南アフリカ、オーストラリア、中東に広がり、これらの国々に約70のオフィスと13,000名以上の従業員を有しています。2000年以降、PRA社は世界で約3,500の臨床試験実施の実績があります。また、PRA社は、主要な、あるいは補助的な試験の業務を担い、米国食品医薬品局(FDA)あるいその他の国々の当局において70以上の医薬品を承認取得に繋げてきました。PRA社の詳細については、www.prahs.comをご覧ください。 

以上