2型糖尿病治療剤「イニシンク®配合錠」の日本における発売について

2016年11月29日

当社は、本日、2型糖尿病治療剤「ネシーナ®錠」(一般名:アログリプチン安息香酸塩、以下「ネシーナ」)とメトホルミン塩酸塩(以下「メトホルミン」)の配合剤である2型糖尿病治療剤「イニシンク®配合錠」を日本で発売しましたのでお知らせします。

本配合剤は、アログリプチンとして25mg、メトホルミン塩酸塩として500mgを含有する1日1回の経口投与剤です。ネシーナは、1日1回投与の選択的ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害薬、メトホルミンは、1日2~3回投与で肝臓での糖の産生を抑制するビグアナイド薬で、いずれも糖尿病治療薬として広く使用されています。本剤は、DPP-4阻害薬とメトホルミンの組み合わせにおける、日本で唯一の1日1回投与が可能な配合錠となります。

本配合剤は、ネシーナに係る既存の臨床試験成績と国内臨床第3相試験で得られた、ネシーナとメトホルミンの併用投与時の有効性及び安全性のデータに基づき、製造販売承認を取得しました。

当社の取締役 ジャパンファーマビジネスユニット プレジデントの岩﨑真人は、「2型糖尿病の病態と治療は複雑であり、患者さんのニーズや治療の選択肢も多様化しています。当社は昨年週1回投与のDPP-4阻害薬ザファテックを発売しましたが、今回新たに発売したイニシンク配合錠も、新たな治療の選択肢としてお役立ていただけるよう、適正な情報活動に努めてまいります。当社は今後も糖尿病治療薬を通じて、日本の医療関係者の皆さん、そして患者さんに貢献してまいります」と述べています。

 DPP-4阻害薬は、血糖調節において重要な役割を担うインクレチンホルモン(インスリン分泌を促進する消化管ホルモン)であるグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)とグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(GIP)の2つのホルモンを不活性化するDPP-4活性を選択的に阻害することにより、インスリンの分泌を血糖値に応じて高め、血糖値をコントロールします。

 

<イニシンク配合錠の概要>

製品名

イニシンク®配合錠

一般名

アログリプチン安息香酸塩、メトホルミン塩酸塩

効能・効果

2型糖尿病

ただし、アログリプチン安息香酸塩及びメトホルミン塩酸塩の併用による治療が適切と判断される場合に限る。

用法・用量

通常、成人には1日1回1錠(アログリプチン/メトホルミン塩酸塩として25mg/500mg)を食直前又は食後に経口投与する。

薬 価

イニシンク®配合錠: 174.20円

 

以上