TBアライアンスと武田薬品による革新的な結核の新規治療薬開発に向けた「リード化合物探索プログラム」について

2016年6月22日

- グローバルヘルス技術振興基金を通じた「ハイスループットスクリーニングプログラム」が進展 -

The Global Alliance for TB Drug Development(本部:米国ニューヨーク州ニューヨーク、以下「TBアライアンス」)と武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)は、このたび、結核の革新的な治療薬の開発に向け、新たな研究プログラム「リード化合物探索(Hit-to-Lead)プログラム」に共同で取り組む旨の契約を締結しましたのでお知らせします。本共同研究は、感染症の治療に必要とされる医薬品・ワクチン・診断薬の研究開発の促進を目的とする基金である公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(Global Health Innovative Technology Fund、以下「GHIT Fund」)の助成案件に選定されています。

 

TBアライアンスと武田薬品は、2013年6月、武田薬品が所有する20,000種類の化合物ライブラリーの中から、結核の新規治療薬開発へと繋がる特性を持つ候補化合物を特定する「ハイスループットスクリーニング(High-throughput Screening)プログラム」を開始しました。今回の「リード化合物探索プログラム」は、本「ハイスループットスクリーニングプログラム」において選定されたヒット化合物をもとに進められるもので、いずれもGHIT Fundの助成案件に選定されています。今回の提携は、結核治療薬の開発パイプライン拡充に向けたTBアライアンスの取り組みをさらに強化させるものです。また、武田薬品は、オンコロジー(がん)領域、消化器系領域、中枢神経系領域を研究開発の重点領域としていますが、今回の提携は、感染症に対してこれまでの創薬技術を活用できるという点で、武田薬品における社会的責任の観点からも非常に重要な提携となります。

 

今回の提携では、結核治療に最適なリード化合物を発見し、その研究を行う上で、TBアライアンスと武田薬品の経験、知識、技術が駆使されます。TBアライアンスと武田薬品は、これらの取り組みを通じて、結核の根絶と何百万名もの人々の生活の質(Quality of Life)の改善に貢献することを目指します。

 

<Global Alliance for TB Drug Development(TBアライアンス)について>

TBアライアンスは結核(TB)と闘うために即効性のある低価格な治療薬レジメンを発見することを目標とする非営利団体です。革新的科学の力と世界中の提携先企業との協力を通じて、即効性のあるより良い結核治療の恩恵が公平に提供されるようにすることで世界における健康と繁栄を増進させることを目標にしています。TBアライアンスは豪州外務貿易省、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、オランダ外務省、欧州委員会、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金、アイルランド政府による開発プログラムであるIrish Aid、インドネシアの民間基金であるIndonesia Health Fund、米国国立アレルギー・感染症研究所、国際医薬品購入機構(UNITAID)、英国国際開発省、米国国際開発庁、米国食品医薬品局から支援を受けて運営しています。詳細については、http://www.tballiance.org/をご覧ください。

 

<結核について>

結核は世界で最も死亡数の多い感染症の一つです。世界保健機関(World Health Organization:WHO)によると、2014年には960万人が新たに結核に感染し、150万人が命を落としています。また、死亡の95%は低中所得国で発生しています。既存の結核治療薬は、服用方法が複雑で、6ヶ月以上服用し続ける必要があるため、患者さんやその家族、医療システムにとって大きな負担となっています。薬剤耐性結核においては、治療法はさらに高価かつ複雑で、2年以上の治療期間が必要となります。この世界的な健康への脅威のもと、より投与が簡単で治療期間が短く、既存薬に耐性をもつ結核菌に有効な新薬とレジメンの登場が待ち望まれています。

以上