ミズホメディーと武田薬品による一般用検査薬における包括的提携契約に基づく妊娠および排卵日予測検査薬の売買基本契約締結について

2016年3月1日

株式会社ミズホメディー(本社:佐賀県鳥栖市、以下「ミズホメディー」)と武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)は、このたび、2015年9月に両社が締結した一般用検査薬に関する包括的提携契約に基づき、妊娠および排卵日予測検査薬の売買基本契約を締結しましたのでお知らせします。

 

一般用検査薬については、政府による規制緩和方針に基づき、2014年12月に「体外診断用医薬品の一般用検査薬への転用について」の通知が厚生労働省より発出されました。その後、2016年2月に排卵日予測検査薬に関する一般用検査薬としてのガイドラインが確定し、体外診断用医薬品の一般用検査薬への転用に向けた審査が開始される運びとなりました。このような背景から、今後の国内一般用検査薬市場の拡大が見込まれるため、ミズホメディーと武田薬品は、ミズホメディーが販売している体外診断用医薬品の一般用検査薬への転用に向けた包括的提携契約を結び、今般、妊娠および排卵日予測検査薬の売買契約を締結しました。

 

本売買契約に基づき、両社は、ミズホメディーが医家向けに販売する排卵日予測検査薬の一般用検査薬への転用・製品化を進め、武田薬品は、一般用検査薬としての排卵日予測検査薬と妊娠検査薬を薬局・薬店で販売することになります。一方、ミズホメディーもこれまでどおり一般用検査薬である妊娠検査薬の販売を継続し、排卵日予測検査薬についても、武田薬品の販売品とは異なる製品を一般用検査薬として販売いたします。

 

ミズホメディー 代表取締役社長 唐川文成は、「ミズホメディーは、診断薬企業として体外診断用医薬品の開発、製造、販売に特化すると共に、一般用検査薬である妊娠検査薬を薬局・薬店にて販売しております。今般、一般用医薬品の販売において歴史と実績がある武田薬品との提携により、両社のそれぞれの強みを活かした検査薬をお客様に提供することが可能となります。今後も当社の理念である「もっと人のために」の実現に向け、幅広く皆様の健康に貢献してまいります」と述べています。

 

武田薬品 ジャパンコンシューマーヘルスケアビジネスユニット プレジデントの杉本雅史は、「ミズホメディーとの提携により、当社は「現在の健康状態を知りたい」というお客様のニーズに応えていくことが可能になります。お客様の健康に対するニーズは多様化しており、これに伴い「ご自身の健康状態を、今知りたい」という想いも多様化の一途を辿っています。このようなお客様に対し、今後、ミズホメディーが培ってきた技術力と当社の持つマーケティング力により、より多くのお客様にご満足いただける一般用検査薬を提供してまいります」と述べています。

 

以上