悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス®」の未治療の進行期ホジキンリンパ腫を対象とした臨床第3相試験であるECHELON-1試験の患者登録完了について

2015年10月28日

- ECHELON-1試験のデータ取得は2017年~2018年の予定

Seattle Genetics, Inc.(本社:米国ワシントン州ボセル、以下「シアトルジェネティクス社」)と武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)は、このたび、悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス®」(一般名:ブレンツキシマブ ベドチン、以下「アドセトリス」)の臨床第3相試験であるECHELON-1試験の患者登録が完了しましたのでお知らせします。ECHELON-1試験は、未治療の進行期古典的ホジキンリンパ腫の患者さんを対象とし、化学療法と併用した場合のアドセトリスの一次(フロントライン)治療としての有用性を検討するランダム化試験です。アドセトリスは、古典的ホジキンリンパ腫に発現しているCD30抗原を標的とした抗体薬物複合体です。アドセトリスのホジキンリンパ腫に対する一次治療は現在承認されていません。本試験に参加した患者さんは、ホジキンリンパ腫の標準的一次治療として知られているABVD(アドリアマイシン・ブレオマイシン・ビンブラスチン・ダカルバジン)療法あるいはアドセトリスとAVD(ABVDからブレオマイシンを除いた療法)の新規併用療法に無作為に割付けられました。

 

本試験には約1,300名の患者さんが登録されました。米国外の規制当局の要請により治療中の薬物濃度(薬物動態)を測定する群を追加で設けたため、約20名の患者さんの登録完了に向け、引き続き患者さんの登録を行っています。予想されるイベント発生率を考慮すると、この追加登録が本試験のデータ取得予定時期(2017年~2018年)に及ぼす影響はないものと考えています。ECHELON-1試験は、米国食品医薬品局(FDA)の臨床試験計画評価(Special Protocol Assessment)に基づいて実施しており、欧州医薬品庁(EMA)から科学的アドバイスも受けています。

 

シアトルジェネティックス社の社長兼CEOであるClay Siegallは、「大多数の国において、新たにホジキンリンパ腫と診断された患者さんに対する標準治療は30年以上変わっておらず、世界中で標準治療として知られている4つの化学療法剤の併用によるABVD療法が現在も用いられています。ECHELON-1試験では、安全性に関して管理可能なレベルで患者さんの転帰を改善するアドセトリスをベースとした新規の標準治療レジメンを提供することを目標としています。アドセトリスの一次治療の適応追加を可能にするECHELON-1試験結果を将来報告できることを期待しています」と述べています。

 

武田薬品のGlobal Oncology Business Unit(呼称:Takeda Oncology)のGlobal Clinical LeadであるDirk Huebnerは、「新たにホジキンリンパ腫と診断された患者さんのうち約25%の方が初期治療に反応しないか、あるいは2年以内に再発します。そのため、効果がより持続し、再発率をさらに低下させる治療法が求められています」と述べています。

 

2012年と2014年の米国血液学会年次総会(ASH)で発表された、アドセトリスとAVDの併用を評価した臨床第1相試験のデータでは、25名中24名(96%)の患者さんが完全寛解を達成したことが示されました。また、長期フォローアップのデータでは、3年間の全生存率が100%、3年間の治療奏効維持生存率が92%であることが示されました。30%以上の患者さんに見られたあらゆるグレードの最も頻度の高い有害事象は、好中球減少症、嘔気、末梢感覚神経障害、倦怠感、嘔吐、下痢、不眠、骨痛、便秘、脱毛でした。

 

<ECHELON-1 試験のデザインについて>

本試験は、進行期古典的ホジキンリンパ腫の患者さんを対象として、一次治療としてのアドセトリス+AVD療法とABVD療法を比較した、ランダム化、非盲検の臨床第3相試験です。主要評価項目は、Cheson 2007 Revised Response Criteria for Malignant Lymphomaを用いた中央判定委員会の評価による修正無増悪生存期間であり、副次評価項目は、全生存期間、完全寛解率、安全性などです。本試験は、米国、欧州、南米、豪州、アジア、アフリカにおいて多施設共同で行われています。本試験には、古典的ホジキンリンパ腫のステージ3あるいは4と診断され、全身化学療法あるいは放射線療法の治療歴のない約1,300名の患者さんが登録されています。本試験は、予め規定された無増悪生存期間のイベント数に達した際にデータ取得できる予定です。

詳細については、www.clinicaltrials.gov.をご覧ください。

 

<古典的ホジキンリンパ腫について>

リンパ腫とは、リンパ系組織に発生するがんの総称であり、最も一般的な血液がんです。リンパ腫は、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に大別されます。古典的ホジキンリンパ腫は、CD30陽性のリードスタンバーグ細胞という特徴により他のリンパ腫と鑑別されます。

米国がん学会によると、2015年には、約9,050名の患者さんがホジキンリンパ腫と診断され、1,150名以上が本疾患で亡くなると推測されています。また、リンパ腫連合によると、世界で毎年62,000名の患者さんがホジキンリンパ腫と診断され、約25,000名が本疾患で亡くなると推計されています。

以上