Gencia社と武田薬品とのミトコンドリア結合型糖質コルチコイド受容体作動薬に関する
共同研究開発契約締結について

2015年9月11日

Gencia LLC (本社:米国バージニア州シャーロッツビル、以下「Gencia社」)と武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)は、このたび、ミトコンドリア結合型糖質コルチコイド受容体作動薬(以下、「MAGR作動薬」)と呼ばれる新規低分子化合物について、血液疾患および炎症性疾患の治療選択肢として共同研究開発を実施する旨の契約を締結しましたのでお知らせします。

 

MAGR作動薬は、血液疾患および炎症性疾患において使用されている糖質コルチコイド(ステロイド薬)に代わる治療薬となる可能性があります。MAGR作動薬は、ステロイドとは異なる化学構造を有しているため、ステロイドとは異なる作用機序で治療効果をもたらすと考えられます。

 

糖質コルチコイドは、様々な血液疾患および炎症性疾患における第一選択薬として、また、併用療法や維持療法、再発時の治療薬として使用されています。しかし、副作用や、期待した効果が得られない、抵抗性を示すなどの理由から、糖質コルチコイドの投与を制限しなければならないことも多くあります。Gencia社が創製したMAGR作動薬は、ステロイド感受性もしくは抵抗性を示す様々な薬物動態モデルにおいて活性が示されています。Gencia社と武田薬品は、MAGR作動薬の治療薬としての潜在的使用方法や安全かつ長期における効果的な使用の可能性を探索します。

 

本提携における最初の目標は、炎症性疾患領域およびがん領域それぞれにおいて、前臨床試験に進める2つのリード化合物を共同で探索することです。武田薬品は、本提携によって候補化合物が特定されれば、臨床試験の実施について検討します。

 

本契約のもと、Gencia社は武田薬品から契約一時金および2つの候補化合物に関する研究の進捗状況に応じたマイルストンを受け取ります。また、臨床開発、発売および販売に関するマイルストンを最大で約5億米ドル受け取ります。さらにGencia社は、本提携から発売に至った製品に関して、売上に応じたロイヤルティを受け取ることになります。本契約のさらなる詳細については、開示しておりません。

 

Gencia社の社長兼CEOであるAllen Cunninghamは、「今回の武田薬品との提携は、当社の成長と発展における重要な節目となります。武田薬品は、医薬品の研究開発に強みを持ち、特にがん領域および炎症性疾患領域の創薬に注力しています。武田薬品との提携により、当社はミトコンドリア標的技術およびMAGR関連化合物を臨床試験に進め、患者さんの治療ニーズに応えることを目指します。武田薬品をパートナーとして迎えられることを、非常に嬉しく思います」と述べています。

 

武田薬品の医薬研究本部長 丸山哲行は、「新薬創出に向けて、Gencia社と提携できることを嬉しく思います。新たな治療薬は、ステロイドとは異なる化学構造および作用機序でありながら、現在ステロイドを長期に使用せざるを得ない様々な疾患において治療効果を有することが期待されます。ステロイドの慢性的な使用から生じる問題を解決できるような治療薬を創出することにより、治療パラダイムを変えることができると期待しています」と述べています。

以上

<Gencia社について>

Gencia LLCは、独自のミトコンドリア標的技術と、ヒトの健康・エイジング・疾患におけるミトコンドリアの役割に関する新規の知見に基づき、重要なメディカルニーズに対応できるようなファースト・イン・クラスの治療薬の創薬・開発を目指す非上場企業です。詳細についてはウェブサイト(www.genciabiotech.com)をご覧ください。

 

<武田薬品について>

武田薬品(TSE:4502)は、研究開発型の世界的製薬企業を目指して、自社研究開発を強化するとともに、ライフサイクルマネジメントの推進、導入・アライアンスの積極展開を通じて研究開発パイプラインの充実を図り、ミッションである「優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する」の実現に努めています。詳細についてはhttp://www.takeda.co.jp/をご覧ください。