2型糖尿病治療剤「ザファテック®錠」の日本における製造販売承認取得について

2015年3月26日

当社は、本日、2型糖尿病治療剤「ザファテック®錠 50mg、同錠100mg」(一般名:トレラグリプチンコハク酸塩、以下「ザファテック」)について、厚生労働省から製造販売承認を取得しましたことをお知らせします。

 

ザファテックは、週1回投与で良好な血糖コントロールをもたらすDPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ)阻害剤であり、本剤は、血糖調節において重要な役割を担うインクレチンホルモンであるグルカゴン様ペプチド-1とグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチドの不活化をもたらすDPP-4を選択的かつ持続的に阻害することにより、インスリンの分泌を血糖値に応じて高め、血糖値をコントロールします。

 

今回の承認は、日本において、2型糖尿病患者を対象に本剤の有効性・安全性を評価した複数の臨床第3相試験の結果に基づいています。いずれの試験においても、本剤の週1回投与で適切な血糖コントロールが達成されるとともに、本剤の良好な安全性および忍容性が確認されています。

 

当社は、世界初となる週1回投与のDPP-4阻害剤であるザファテックが、日本の2型糖尿病患者さんにとって新たな治療オプションとなり、服薬アドヒアランスの向上や治療継続に寄与するものと期待しております。このたびの承認取得は当社にとってきわめて重要なマイルストンであり、今後も患者さんや医療関係者の皆さんに必要とされる医薬品をお届けすることに努めてまいります。 

 インスリン分泌を促進する消化管ホルモン

以上

 

<ザファテックの概要>

製品名

ザファテック®錠 50mg、同錠100mg

一般名

トレラグリプチンコハク酸塩

効能・効果

2型糖尿病

用法・用量        

通常、成人にはトレラグリプチンとして100mgを1週間に1回経口投与する。