「アニュアルレポート2014」および「CSR Data Book 2014」が第18回環境コミュニケーション大賞における環境報告書部門「優良賞」を受賞

2015年2月25日

当社が発行した「アニュアルレポート2014」および「CSR Data Book 2014」が、このたび、環境省ならびに一般財団法人 地球・人間環境フォーラムが主催する「第18回環境コミュニケーション大賞」の環境報告書部門において、優良賞を受賞しましたのでお知らせします。

 

「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書や環境活動レポート、およびテレビ環境CMを表彰することにより、事業者等の環境経営および環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とした表彰制度で、今回で18回目を迎えます。

 

今回の当社レポートの受賞は、「国際的な原則やガイドラインに則り、多様なステークホルダーとの対話を重ねてCSR活動を推進し、マテリアリティの特定を分かりやすく記載していること」「非財務情報に関する第三者保証の範囲を増加させていること」「グローバルEHS方針に基づく体制を構築し、リスク低減に向けた内部監査を充実させていること」「バリューチェーン全体でのCO2排出量も把握していること」などが評価されたものです。また、「統合報告として日本で最も進んだ企業のひとつであるといえる」との評価も受けています。

 

今後も当社は、人々の生命(いのち)に携わる製薬企業として、グローバル製薬企業に相応しい社会的責任を積極的に果たすとともに、引き続き、ステークホルダーの皆さまの関心を踏まえた、より良いレポートの制作に努めてまいります。

一般財団法人 地球・人間環境フォーラム

1990年に設立された、地球環境問題に関する科学的調査・研究、その成果の普及・啓発、政策提言に取り組む非営利の環境団体。

以上

 

<「アニュアルレポート」および「CSR Data Book」について>

当社は、CSR活動などの非財務情報をアニュアルレポートに取り入れた統合レポートを2006年度より発行し、ステークホルダーの皆さまへの積極的な情報開示に努めています。非財務情報に関しては、アニュアルレポートに掲載された内容に、より詳細な情報を加えた「CSR Data Book」を発行しています。(http://www.takeda.co.jp/csr/reports/)