Prasco社と武田薬品の米国における痛風治療剤コルクリス®に関するオーソライズド・ジェネリック販売契約について

2015年1月13日

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)およびその100%子会社である武田ファーマシューティカルズUSA Inc.(米国イリノイ州ディアフィールド、以下「TPUSA社」)とPrasco Laboratories(本社:米国オハイオ州メーソン、以下「Prasco社」)は、米国時間2015年1月12日、TPUSA社の痛風治療剤コルクリス®錠(一般名:コルヒチン、米国薬局方)のオーソライズド・ジェネリック(AG)である、コルヒチン錠(米国薬局方)の米国における供給・販売に関するTPUSA社とPrasco社間の契約締結を発表しましたのでお知らせします。Prasco社は、AGビジネスにおける業界リーダーであり、2004年以来65品目以上のAG製品を発売し、米国において最も多くのAG製品に関するパートナー会社を有する企業です。AG製品は、幅広い方々に治療オプションへのアクセス拡充をもたらすものであり、コルヒチン錠(米国薬局方)は、Prasco社製品として、今週の後半より全米の薬局にて販売が開始されます。

 

本契約により、コルヒチン錠(米国薬局方)は、コルクリス錠と治療上同等かつコルクリス錠の処方箋に対し代替可能な、唯一のコルヒチン製剤となります。なお、コルクリス錠は、成人の痛風発作の予防および急性治療、成人および4歳以上の小児における家族性地中海熱の治療の効能を有します。

 

Prasco社CEOのChris Aringtonは、「AGの発売により、患者さん、薬剤師、医師の方々に、コルクリス錠と治療上同等の治療オプションによる痛風発作の予防と治療に取り組んでいただくことが可能になります」と述べています。

 

Prasco社の事業開発部Senior Vice PresidentであるJonathan Lappsは、「痛風治療剤のマーケットリーダーであるタケダとのパートナーシップにより、コルクリスのAGを広くお届けできることを非常に嬉しく思います」と述べています。

 

TPUSA社のPresidentであるDouglas Coleは、「当社は、安全かつ有効な、高品質の医薬品を患者さんにお届けすることを使命としています。この新たなパートナーシップにおいて、当社がPrasco社にコルクリスと同一の厳格な基準と製造方法で生産したコルヒチン錠(米国薬局方)を供給することによって、さらに多くの患者さんに、この有用な痛風治療剤をお使いいただけることになります」と述べています。

 

痛風は、全米で800万人以上が罹患しており、その数はさらに増加しています。コルクリスは、米国で2009年に発売され、現在、武田薬品の痛風治療ポートフォリオの1つになっています。また、コルクリスは、米国食品医薬品局(FDA)から初めて処方薬として承認された単一成分の経口コルヒチン製剤です。

以上

 

<PRASCO Laboratoires社について>

Prasco社は、米国オハイオ州メーソン市所在のオーソライズド・ジェネリック(AG)・カンパニーであり、非上場ヘルスケア関連企業です。Prasco社は、AG領域のリーディングカンパニーとして、米国において最も多くのAG製品に関するパートナー会社を有する企業です。新薬を取り扱う企業は、Prasco社と提携し、自社のブランド製品をジェネリック市場に向けてAGという形で患者さんや薬剤師の方々にお届けしています。詳細についてはprasco.comよりご覧ください。