マーク・プリンセン氏のEUCANビジネスユニット プレジデントとしての着任について

2014年11月1日

当社は、マーク・プリンセン(Marc Princen)氏が、11月1日付で武田ファーマシューティカルズ・インターナショナル GmbHに入社し、コーポレート・オフィサーとして、EUCANビジネスユニットのプレジデントに着任しましたのでお知らせします。プリンセン氏は、社長COOのクリストフ・ウェバーの直属として、欧州とカナダの販売を統括します。

 

当社代表取締役のクリストフ・ウェバーは、「マークの製薬業界および、タケダが注力する治療領域における豊富な知識と経験は、タケダにとって大きな資産になると確信しています。また、彼の医療に対する飽くなき情熱と人々の生命に貢献するという揺るぎない信念は、タケダのミッションや、コアバリューであるタケダイズムと一致しており、マークのような知識・経験と豊かな人間性の双方を兼ね備えた素晴らしいリーダーを迎えることができ、非常に嬉しく思います」と述べています。

 

プリンセン氏は、製薬業界において25年以上の経験を有し、欧州の複数国に加え、米国、中東、アフリカでも、セールス、マーケティング、事業開発、マネジメントに携わってきました。直近では、スイスを拠点として、メルク社の中欧地域のプレジデントを務めており、それ以前は、同社のDiversified Brands部門のプレジデントおよびゼネラルマネジャーとして、グローバルなブランドジェネリック戦略の立案と実践を統括するとともに、東欧・中東・アフリカ地域のプレジデントを兼任していました。また、メルク社の前は、シェリング・プラウ社においてコマーシャル、オペレーション、マーケティング部門において複数のマネジメント職を経験しています。

 

なお、従来のEUCANビジネスユニットのプレジデントであるトレバー・スミスは、自らのビジネスの拠点をチューリッヒから英国に戻すために、武田ファーマシューティカルズ・インターナショナル GmbHを退職することになります。11月1日付で現職を退きますが、2015年3月31日まで在籍し、社内アドバイザーとしての役割を担います。当社代表取締役のクリストフ・ウェバーは、「トレバーが、ナイコメッド社との統合の際にEUCAN部門を新設し、プライマリケアに強みを持つスペシャルティケア事業へと成長させるなど、多大な成果をあげてくれたことに対し、深く感謝します」と述べています。

以上