アルフレッサの100%子会社「ワクチン安全管理株式会社」への出資について

2014年10月2日

当社は、このたび、アルフレッサ株式会社(本社:東京都千代田区、以下「アルフレッサ」)が本年8月に設立した100%子会社「ワクチン安全管理株式会社」(本社:東京都千代田区)に出資することを決定しましたのでお知らせします。これに伴い、当社は、同社が提供する予防接種管理システム「ワクチンスケジューリングシステム」(以下「本システム」)の情報提供活動を行うアルフレッサと協力して、医療機関への本システムの普及活動を推進してまいります。なお、出資金額については開示しておりません。

 

近年、定期接種ワクチンの種類が拡大したことによって、ワクチンを同時接種する機会も増えたことなどから、乳幼児のワクチン接種の管理が複雑になっています。こうした状況の中、乳幼児における定期接種ワクチンを漏れなく接種することが、接種対象者とその保護者、医療関係者などの課題となっています。今般、アルフレッサが開発した本システムは、乳幼児のワクチン接種情報を乳幼児の保護者と医療機関が共有することにより、ワクチン接種のスケジュール管理をサポートするものです。

 

当社は、ビジネスパートナーである特約店とともに、患者さんや医療関係者の皆さんに新たな価値を提供できるビジネスモデルの構築を検討しており、本システムもその取り組みの一環として企画段階から協力してまいりました。

 

当社取締役 医薬営業本部長の岩﨑真人は、「近年多くの新しいワクチンが定期接種化される中、未接種者への接種勧奨が求められています。当社もワクチン製造販売メーカーとして本システムの普及活動を通じてワクチンの適正な接種の推進をサポートし、公衆衛生医療の向上に貢献してまいりたいと考えています」と述べています。

 

 以上