社会的責任投資指数「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」に5年連続で選定

2014年9月25日

当社は、この度、社会的責任投資(SRI)の代表的指数の一つである「Dow Jones Sustainability Indexes(DJSI)」のアジア・太平洋版である「DJSI Asia Pacific Index」の対象銘柄として、 5年連続で選定されましたのでお知らせします。

 

S&P Dow Jones Indices社(米国)が作成するDJSIは、経済・環境・社会の3分野における企業の持続可能性(Sustainability)の観点から評価・選定された社会的責任投資(SRI)の代表的な指数で、企業の社会的責任に関心を持つ世界中の投資家にとって、投資に際しての重要な選択基準の一つとなっています。「DJSI Asia Pacific Index」は、日本・アジア・オセアニア地域を対象とした指数であり、同地域における主要企業約600社から上位148社(うち日本企業65社)が選定されています。

 

当インデックスへの組み入れは、アンケートやアニュアルレポートなどの当社発行物の調査、メディア掲載情報などにより審査されます。昨年度に引き続き、上記3分野における当社の活動が評価され、当社の継続採用が認められました。

 

当社は、この他に、FTSE社が選定する「FTSE4Good Global Index」、Ethibel社による「Ethibel Excellence」、モーニングスター社による「MS-SRI」などの代表的な社会的責任投資指数の構成銘柄にも採用されています。

 

今後も当社は、人々の生命(いのち)に携わる製薬企業として、「優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する」というミッションの実現を目指して、グローバル製薬企業に相応しい社会的責任を積極的に果たしてまいります。

以上

 

 社会的責任投資(SRI: Social Responsible Investment)

財務分析による投資基準に加え、社会・倫理・環境といった点などにおいて社会的責任を果たしているかどうかを投資基準にし、投資行動をとること。