国際アルツハイマー病学会における新たなアルツハイマー病研究開発データの発表について

2014年7月11日

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とZinfandel Pharmaceuticals(所在地:米国ノースカロライナ州ダーラム、以下「ジンファンデル社」)は、2014年7月12日から17日までデンマーク コペンハーゲンにおいて開催される国際アルツハイマー病学会(Alzheimer's Association International Conference:AAIC)で、ポスターならびにオーラルプレゼンテーションによる発表を下記の通り実施予定ですのでお知らせいたします。

武田薬品の中枢神経系疾患領域の開発リーダーであるStephen Brannanは、「わずかではあるものの明らかな認知機能の低下、すなわち軽度の認知機能障害を有する方では、アルツハイマー病等の認知症を発症するリスクが増大することが様々な研究により示されています。これらの発症リスクを特定できる手段が医療関係者から待ち望まれているなか、当社は本学会におけるTOMMORROW試験の最新データの発表に特に注力しています。当社は、TOMMORROW試験を通じて、本疾患の治療における現状打破に挑むとともに、有効なアルツハイマー病治療薬の開発促進につながるよう、努めてまいります」と述べています。

認知機能が正常な高齢者を対象とした、アルツハイマー病に起因する軽度認知機能障害の5年以内の発症リスクを予見するバイオマーカーを用いた評価手法(TOMM40遺伝子型、アポリポタンパク質E遺伝子型および年齢で構成されるアルゴリズムを使用して特定する)を検証するとともに、同評価手法により発症リスクが高いと診断された高齢者において、低用量AD-4833(一般名:ピオグリタゾン)の投与による同疾患の発症遅延効果を評価する臨床第3相試験。2013年8月に武田薬品とジンファンデル社が開始。

 

<本学会で発表予定の主な試験データ> 発表日時は、協定世界時(UTC)にて表記

日時

2014年7月14日(月曜日)11:45 am - 2:15 pm

抄録番号

Poster No. P2-392

演題

Cross-Cultural Validation and Normative Study of a Neuropsychological Battery Used in the Determination of Clinical Endpoints to Delay Onset of MCI

著者

Kathleen A. Welsh-Bohmer, Heather R. Romero, Kathleen M. Hayden, Brenda L. Plassman, Alexandra Atkins, Adam Vaughan, Nicole Turcotte, Richard S. E. Keefe, Oksana Makeeva, Andreas U. Monsch, Giovanni B. Frisoni, Zara Melikyan, Shyama Brewster, Carl Chiang, Janet O’Neil, Jennifer Schuster, Margarita Lymboura, Grant Runyan, Mark Atkinson, Kumar Budur for the TOMMORROW Study Investigators

発表場所

Bella Center A/S, Center Boulevard 5, DK-2300 Copenhagen S

 

日時

2014年7月15日(火曜日)11:45 am - 2:15 pm

抄録番号

Poster No: P3-398

演題

Deriving an Informed Neurocognitive Composite Measure for Delay of Onset Trials in Mild Cognitive Impairment due to Alzheimer’s disease (MCI-AD)

著者

Mark Espeland, Leslie Vaughan, Heather Romero, Kathleen M. Hayden, Brenda L. Plassman, Kathleen A. Welsh-Bohmer for the TOMMORROW Study Investigators

発表場所

Bella Center A/S, Center Boulevard 5, DK-2300 Copenhagen S

 

日時

2014年7月15日(火曜日)11:45 am - 2:15 pm

抄録番号

Poster No: P3-021

演題

Identification and Characterization of Polymorphic Structural Variants Associated with Alzheimer’s Disease and Diseases of Aging

著者

Michael W. Lutz, Robert Saul, Daniel K. Burns, Ann M. Saunders, Allen D. Roses

発表場所

Bella Center A/S, Center Boulevard 5, DK-2300 Copenhagen S

 

日時

2014年7月15日(火曜日)11:45 am - 2:15 pm

抄録番号

Poster No: P3-255

演題

Cultural Adaptation of Translated Neurocognitive Assessments in Russia, Switzerland and Italy: Pilot Testing for a Program to Delay the Onset of Mild Cognitive Impairment due to Alzheimer’s Disease

著者

Alexandra S. Atkins, Richard S. E. Keefe, Adam W. Vaughan, Nicole M. Turcotte, Oksana A. Makeeva, Andreas U. Monsch, Giovanni B. Frisoni, Maura Parapini, Zara A. Melikyan, Shyama Brewster, Janet O'Neil, Jennifer Schuster, Margarita Lymboura, Heather Romero, Kathleen M. Hayden, Brenda Plassman, Kathleen A. Welsh-Bohmer

発表場所

Bella Center A/S, Center Boulevard 5, DK-2300 Copenhagen S

 

日時

2014年7月16日(水曜日)8:30 am - 10:00 am

抄録番号

Session No: FTS-03 (オーラルプレゼンテーション)

演題

The Collaboration for Alzheimer's Prevention (CAP): Advancing the Evaluation of Alzheimer's Prevention Therapies

著者

Kathleen A. Welsh-Bohmer, Daniel K. Burns, Stephen K. Brannan, Kumar Budur for the TOMMORROW investigators

発表場所

Auditorium 15

 

日時

2014年7月16日(水曜日)11:45 am - 2:15 pm UTC

抄録番号

Poster No: P4-073

演題

A Pharmacogenetics Supported Clinical Trial to Delay Onset of Mild Cognitive Impairment Due to Alzheimer’s Disease Using Low Dose Pioglitazone: An Update on the TOMMORROW Study

著者

Kumar Budur, Kathleen A. Welsh-Bohmer, Daniel K. Burns, Carl Chiang, Janet O’Neil, Grant Runyan, Marcia Cyganowski, Donna G. Crenshaw, Michael W. Lutz, Craig A. Metz, Ann M. Saunders, Deborah Yarbrough, David Yarnall, MS, Eric Lai, Stephen K. Brannan, Allen D. Roses

発表場所

Bella Center A/S, Center Boulevard 5, DK-2300 Copenhagen S

 

日時

2014年7月16日(水曜日)11:45 am - 2:15 pm

抄録番号

Poster No: P4-284

演題

Genetic Relationship of APOE and TOMM40 Haplotypes in African American, West African, and Caucasian Cohorts

著者

Allen D. Roses, Michael W. Lutz, Robert Saul, Daniel K. Burns, Ann M. Saunders, Dmitry Goldgaber, Scott S. Sundseth, Patrick A. Akkari, Stephanie M. Roses, William K. Gottschalk, Keith E. Whitfield, Alexander A. Vostrov, Michael A. Hauser, R. Rand Allingham, Ornit Chiba-Falek, Kathleen A. Welsh-Bohmer

発表場所

Bella Center A/S, Center Boulevard 5, DK-2300 Copenhagen S

 

日時

2014年7月16日(水曜日)4:00 pm - 5:30 pm

抄録番号

Session No: O4-07-01 (オーラルプレゼンテーション)

演題

Effects of Pioglitazone on Mnemonic Hippocampal Function: A Pharmacologic BOLD fMRI Study in Healthy Elderly Subjects

著者

Stephen K. Brannan, Ahmad R. Hariri, Annchen Knodt, Adam X. Gorka, James Burke, Kathleen Welsh-Bohmer, Brenda L. Plassman, Michael Kukulka, Daniel K. Burns, Allen D. Roses

発表場所

Hall C5A

 

以上