高血圧症治療剤アジルサルタンとアムロジピンベシル酸塩の配合剤「ザクラス®配合錠LD」、 「ザクラス®配合錠HD」および高血圧症治療剤「アジルバ®錠10mg」の日本における発売について

2014年6月18日

当社は、本日、高血圧症治療剤「ザクラス®配合錠」(高血圧症治療剤アジルサルタン(一般名、以下「アジルサルタン」)とアムロジピンベシル酸塩(一般名、以下「アムロジピン」)の配合剤)、および、剤形追加として高血圧症治療剤「アジルバ®錠10mg」(一般名:アジルサルタン)を日本で発売しましたのでお知らせします。

ザクラス配合錠は、1日1回の経口投与製剤で、1錠あたりアジルサルタン20mg / アムロジピン2.5mgを含有する「ザクラス配合錠LD」と、アジルサルタン20mg / アムロジピン5mgを含有する「ザクラス配合錠HD」の2種類の製剤があります。また、アジルバ錠は、既に発売されている20mg錠と40mg錠に10mg錠が加わることになります。

アジルサルタンは、当社が創製した強力かつ長時間持続型のアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)であり、血圧を上昇させるホルモンであるアンジオテンシンⅡの働きを阻害することで血圧を低下させます。また、アムロジピンは、カルシウム拮抗薬であり、細胞内へのカルシウムイオンの流入を抑制し、主として血管平滑筋を弛緩させ、末梢血管抵抗を減らすことで降圧効果を発揮します。臨床第3相試験において、ザクラス配合錠は、主要評価項目である座位拡張期血圧について、アジルサルタンまたはアムロジピンによる単独療法と比較して有意に高い降圧効果を示しました。

本年4月に公表された日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン2014」によると、ARBとカルシウム拮抗薬の併用療法は、有効性および安全性の観点から推奨される組み合わせとなっています。また、配合剤により処方を単純化することは、アドヒアランス1を改善し、血圧コントロールの改善につながるとされ、さらに、配合剤の薬価は、それぞれの単剤の合計よりも安価に設定されているため、医療経済的にもメリットがあるとされています。

当社の取締役 医薬営業本部長の岩﨑真人は、「『高血圧治療ガイドライン2014』では、日本国内における高血圧症患者数は約4,300万人にのぼり、高血圧管理率2が男性では約30%、女性では約40%に留まっていると報告されています。そのような中、当社は、強力かつ持続的な降圧効果を有するザクラス配合錠が新たな治療オプションになるものと確信しています。今後も、幅広いラインアップとなったアジルサルタンファミリーをはじめとする当社の降圧薬を通じ、患者さん個々の病態に応じた最適な治療提案を行うことで高血圧症の治療に一層貢献してまいります」と述べています。

1患者さんが積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を実施・継続すること。

2降圧薬服用者のうち収縮期血圧140mmHg未満かつ拡張期血圧90mmHg未満の人の割合。

以上

(参考

<ザクラス®配合錠の概要

製品名

ザクラス®配合錠LD、同HD

一般名

アジルサルタン/アムロジピンベシル酸塩

用法・用量

成人には1日1回1錠(アジルサルタン/アムロジピンとして20 mg/2.5 mg又は 20 mg/5 mg)を経口投与する。本剤は高血圧治療の第一選択薬として用いない。

効能・効果

高血圧症

薬 価

ザクラス®配合錠LD: 140.60円 

ザクラス®配合錠HD: 140.60円

アジルバ®10mgの薬価:93.60円