高血圧症治療剤「カンデサルタン錠『あすか』」に関する事業化契約の締結について

2014年5月16日

あすか製薬株式会社(本社:東京都港区、以下「あすか製薬」)と武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)は、本日、高血圧症治療剤「カンデサルタン錠『あすか』」(一般名:カンデサルタン シレキセチル、以下「カンデサルタン『あすか』」)に関する事業化契約を締結しましたのでお知らせします。

 

カンデサルタン「あすか」は、武田薬品が同社の高血圧症治療剤「ブロプレス®錠」(一般名:カンデサルタン シレキセチル、以下「ブロプレス」)の特許権等をあすか製薬に許諾したオーソライズド・ジェネリック(Authorized Generic:AG)です。本年2月、あすか製薬は、厚生労働省よりカンデサルタン「あすか」の製造販売承認を取得し、6月の薬価収載に向けて薬価申請を行っています。

 

本契約に基づき、カンデサルタン「あすか」の薬価基準収載後、あすか製薬は本剤を発売し、医療機関に情報提供を行います。一方、武田薬品は、本剤をあすか製薬から仕入れ、特約店に販売する物流業務に特化します。その他、契約内容の詳細については開示しておりません。

 

あすか製薬は、2013年10月にあすかジェネリック事業本部を新設し、既存の医薬営業本部と協働して医薬品販売事業を推進しています。カンデサルタン「あすか」の発売は、あすか製薬のジェネリック事業の製品ラインアップ拡大とプレゼンス向上に繋がるものであり、あすか製薬は、ブロプレスと原薬・添加物・製造方法が同一のAGを患者さんや医療関係者の皆さんにお届けすることが可能となります。

 

武田薬品は、患者さんや医療関係者の皆さんに新たな価値をお届けするために、ビジネスのあらゆる可能性を常に追求しています。現在の市場環境ではジェネリック医薬品に対する一定の社会ニーズがあり、武田薬品は、品質・安定供給・情報の提供および収集といった観点から、それらのニーズを十分に満たすジェネリック医薬品が提供される必要があると考えています。そのため、武田薬品は、カンデサルタン「あすか」が患者さんや医療関係者の皆さんの幅広いニーズに対応することができると考え、本契約の締結に至りました。

 

あすか製薬と武田薬品は、ブロプレスのAGである本剤の発売を通じ、高血圧症治療に一層貢献するとともに多様な医療ニーズにお応えする医薬品をお届けしてまいります。

 

なお、武田薬品は、引き続きブロプレスの安全性評価を中心とする臨床データを収集・蓄積し、医療関係者の皆さんに情報提供活動を行ってまいります。

 

以上