悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス®点滴静注用50mg」の日本における発売について

2014年4月17日

当社は、本日、悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス®点滴静注用50mg」(一般名:ブレンツキシマブ ベドチン、以下「アドセトリス」)について、再発・難治性のCD30陽性ホジキンリンパ腫および再発・難治性のCD30陽性未分化大細胞リンパ腫を適応症として、日本で発売しましたのでお知らせします。 本剤は、厚生労働省より2012年3月に希少疾病用医薬品に指定され、2014年1月17日に製造販売承認を取得し、本日、薬価収載されました。

本剤は、CD30抗原を標的とする抗体と微小管阻害作用を持つ低分子薬剤(モノメチルアウリスタチンE:MMAE)とを、シアトルジェネティクス社の特許技術を用いてリンカーで結合させた抗体薬物複合体です。この複合体は血中では安定であり、CD30抗原が発現した腫瘍細胞に選択的に作用し、腫瘍細胞内に取り込まれた後、タンパク質分解酵素によりリンカーが切断されてMMAEを放出するよう設計されています。

当社の取締役 医薬営業本部長 岩﨑真人は「アンメットメディカルニーズが高く、未だに標準的な治療法が確立されていない再発・難治性のCD30陽性ホジキンリンパ腫および再発・難治性のCD30陽性未分化大細胞リンパ腫の患者さんに対して、アドセトリスは新たな治療オプションになると考えています。 当社は今後も、日本の患者さんに革新的な医薬品をできるだけ早く届けられるよう、一丸となって取り組んでまいります」と述べています。

 

以上

 

<参考:アドセトリスの概要

販売名

アドセトリス®点滴静注用50mg

一般名

ブレンツキシマブ ベドチン(遺伝子組換え)

用法・用量

通常、成人には、ブレンツキシマブ ベドチン(遺伝子組換え)として3週間に1回1.8mg/kg(体重)を点滴静注する。なお、患者の状態に応じて適宜減量する。

効能・効果

再発又は難治性のCD30陽性の下記疾患:

ホジキンリンパ腫
未分化大細胞リンパ腫

  ※本件を含めた2014年度連結業績予想は、2014年5月8日に公表予定です。