高血圧症治療剤の臨床研究(CASE-J)に関するプロモーションに対する日本製薬工業協会による措置について

2014年4月3日

当社は、このたび、日本製薬工業協会(以下「製薬協」)から、「CASE-J試験」に関する当社のプロモーション行為の一部が製薬協の「医療用医薬品プロモーションコード」違反に該当するという通知を受けるとともに、当該違反を理由として、当社の同協会副会長としての活動を本日(4月3日)から6ヶ月間停止する措置について、連絡を受領しました。

 

今回の製薬協の決定は、当社が、「CASE-J試験」の学会発表時のデータを用いたプロモーション活動を2007年1月以降実施し、「CASE-J試験」の論文発表後も、学会発表データを論文発表データに切り替えることなくプロモーション活動を継続していたことによるものです。
なお、「CASE-J試験」に関する当社をめぐる一連の問題に関しては、現在、第三者機関による調査が進めてられており、当社は本調査に全面的に協力しています。

 

当社は、今回の製薬協の決定を真摯に受け止めるとともに、今回の件で、患者さまおよび医療関係者の皆さまをはじめとする当社ステークホルダーの皆さまに多大なご心配をお掛けしておりますことを、深くお詫び申し上げます。今後このようなことが発生しないよう、現在進められている第三者機関による調査に引き続き全面的に協力するとともに、是正・改善すべき点を早急に明確にし、再発防止に向け、全力で対応してまいります。

CASE-J試験:Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan

 

以上