2型糖尿病治療薬トレラグリプチンコハク酸塩(SYR-472)の日本における製造販売承認申請について

2014年3月7日

当社は、本日、2型糖尿病治療薬トレラグリプチンコハク酸塩(一般名、開発コード:SYR-472)について、厚生労働省に製造販売承認申請を行いましたのでお知らせします。

 

本薬は、週1回投与で良好な血糖コントロールをもたらすジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害薬であり、当社の100%出資子会社である武田カリフォルニア Inc.(米国カリフォルニア州)が創製しました。本薬は、血糖調節において重要な役割を担うインクレチンホルモンであるグルカゴン様ペプチド-1とグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチドの不活化をもたらすDPP-4を選択的かつ持続的に阻害することにより、インスリンの分泌を血糖値に応じて高め、血糖値をコントロールします。

 

今回の申請は、日本において、2型糖尿病患者を対象に本薬の有効性・安全性を評価した複数の第3相臨床試験の結果に基づいています。いずれの試験においても、本薬の週1回投与で適切に血糖コントロールされるとともに、本薬の良好な安全性および忍容性が確認されています。本薬は、週1回の投与で患者さんの服薬アドヒアランスの向上に寄与することが期待されています。

 

当社は引き続き、2型糖尿病患者さんおよび医療関係者の皆さんの多様なニーズに対応するため、一日も早く本薬を新たな治療オプションとしてお届けできるよう、当局と緊密に連携してまいります。

 

以上