グローバルCSRプログラムの公募・申請プロセス



2021年の公募は2020年秋に開始予定
活動中のプログラム:グローバルCSRプログラム


申請者

ProposalSubmission.jpg

プロポーザルの提出
毎年開催されるタケダ・グローバルCSRフォーラムにて、戦略性やテーマの優先順位を特定した上で、公募案件(RFP)を最終決定し、タケダのグローバルサイトに掲載します。RFPには申請要件のガイダンス、技術的アプローチおよび予算のテンプレート、また、その他の関連するガイドラインが含まれます。申請者は、RFPの申請期間内に、公募案件の内容につき質問等をお問い合わせいただけます。プロポーザルはすべて英語で記載し、以下のタケダ・グローバルCSRプログラムの電子メールアドレスへの提出を必須とします:global_csr_program@takeda.com


タケダ・グローバル
CSRチーム

EligibilityReview.jpg

申請要件のレビュー
受理したプロポーザルはすべて、以下の内容が適切に盛り込まれているか、要件チェックリストに照らして最初に審査されます。

 

       表紙

       組織のキャパシティ

       予算表および説明

       目次

       運営体制および人員配置

       日本円に換算した予算

       エグゼクティブサマリー

       ジェンダー

       マイクロソフトのExcelで作成した予算表

       技術的アプローチ

       モニタリングおよび評価

       利益相反の開示

       過去の実績

       持続可能性

       コミュニケーションプラン

       タケダの分割支払スケジュールへの承諾

       報告書提出の承諾

       タケダの従業員参加プログラムに関するプラン


プロポーザルが要件チェックリストを満たさなかった場合、その後の審査の対象とはなりません。要件チェックリストを満たしたプロポーザルのみが、タケダ・グローバルCSRチームによる技術的および財務評価に進みます。プロポーザルは以下の基準に従って審査されます:

  • プロジェクトの目的がテーマに沿った優先事項と一致していること
  • 技術的アプローチ、過去の実績、組織のキャパシティ、運営体制および人員配置、ジェンダー、モニタリングおよび評価、持続可能性があること
  • 予算説明、費用計上された活動の説明およびコミュニケーションプランがあること

プロポーザルは採点され、点数に従ってランク付けされます。


申請者

FinalReview.jpg

インタビューおよび最終審査
ランキングの上位に入った申請者は、タケダ・グローバルCSRチームとのインタビュー(テレビ会議も可)が求められます。インタビュー後、タケダ・グローバルCSRチームを含むレビューチームは、各プロポーザルを評価するほか、期待されるインパクトおよび/または受益者数や、従業員による現地視察のプランを確認し、それに応じて適切な修正を求めます。最終審査に残った申請者には、従業員投票のプロモーション用のスライドの提出と、タケダ・グローバルCSRチームとの潜在的な利益相反の回避について再確認する同意書への署名が求められます。


タケダの従業員

Vote.jpg

従業員の投票
提出されたプロモーション用のスライドは、タケダで使用されている主要な言語に翻訳され、タケダのイントラネットに掲載されます。タケダの全従業員はプロモーション用スライドを参照し、いずれかのプログラムに投票します。


タケダ・グローバル
CSRチームおよび申請者

Agreement.jpg

選定の通知および契約
対象年度の6月末に、電子メールにてタケダからパートナーとして選定されたことを、申請者に通知します。申請者は、選定の通知から7ヵ月以内に(翌年1月まで)、タケダと寄付に関する契約書を締結するよう求められます。申請者は、プロジェクト・マネージャーおよび/またはプロジェクト・ディレクターを指定するよう求められます。指定されたマネージャーおよび/またはディレクターは、プログラムの実施に責任を有します。この代表者は、タケダとの主な連絡先となり、すべての協議に責任を有します。


選定された団体・機関

Evaluation.jpg

モニタリングおよび評価
選定された団体・機関は、プログラムの進捗状況の把握および報告に責任を有し、また定期的な報告書の提出を通じて、タケダ・グローバルCSRチームへの継続的な情報提供を行います。タケダは選定したプログラムの実績のモニタリングに責任を有し、選定された団体・機関との対話や報告書のレビュー、現地視察などを通じてプログラムへの理解を深めます。