アンドリュー S・プランプ

アンドリュー・プランプは当社のリサーチ&デベロップメント プレジデントで、取締役を務めています。

タケダに入社する前は、フランスのパリに拠点を置くサノフィ社でリサーチ&トランスレーショナルメディスンのシニアヴァイスプレジデント、研究開発部門のデピュティプレジデントを務めてきました。サノフィの前は、メルク社のワールドワイドの循環器疾患領域(CV)研究を率いるヴァイスプレジデントとして、CV研究、非臨床試験、トランスレーショナルサイエンスを統括していました。

マサチューセッツ工科大学(MIT)で理学士号(B.S.)を、またロックフェラー大学のヤン・ブレスロー博士のもと心血管遺伝子学の博士号(Ph.D.)を、さらにカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)で医学博士号(M.D.)を取得しました。UCSFで内科のレジデンシーとの遺伝医学のフェローシップを履修しました。臨床研修後、UCSFでマーク・テッシェ-ラヴィーン博士とともに、ハワード・ヒューズとスタンレー・J.サーノフのポストドクトラル フェローとして研修を受け、同時に遺伝医学部で非常勤の臨床講師を務めました。

妻と三人の子どもとともにボストンで暮らしています。