アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

T-CiRAの研究成果の一部が新会社に移管されました

2021年8月11日

CiRAと武田薬品工業株式会社の共同研究プログラムであるT-CiRA(Takeda-CiRA Joint Program for iPS Cell Applications)において、吉田善紀准教授、豊田太郎講師率いるプロジェクトがそれぞれ研究を進めてきたiPS細胞由来心筋細胞とiPS細胞由来膵島細胞が、再生医療等製品候補としてオリヅルセラピューティクス株式会社(OZTx)に移管されました。今後OZTxにて、重症心不全、糖尿病を対象とした細胞治療の実現に向けた研究開発が加速されます。

なお、OZTx の科学技術諮問委員会の議長には、T-CiRAプログラムディレクターを務める山中伸弥所長・教授が就任しています。

OZTxのプレスリリース(リンク)https://orizuru-therapeutics.com/?p=5