アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

官民パートナーシップ

RD PPP header.jpg

私たちは、患者さんのコミュニティに貢献するイノベーションの必要性を認識しています。タケダの Public Private Partnerships(PPP)は、従来のバイオ医薬品領域での取り組みにとどまらず、人工知能や機械学習などの最新技術の領域においても活動しています。タケダのGlobal Science Policyは、タケダが将来のサイエンスの方向性や政策をよりよく理解、予測し、影響をもたらすためにどのようなパートナーシップを選び、どれに注力すべきかの判断に役立つ材料を提供します。

PPPとGlobal Science Policy の活動を通じ、タケダは方針の検討と具体化を行い、官民連携を推進することで、タケダがサイエンスを極め、人生を変えうる画期的な医薬品やワクチンを創出する能力をさらに高めます。 タケダでは、 PPPとScience Policy は、共通の目標を掲げる一つのチームとして活動しています。

タケダは社内の各部門と連携し、研究開発方針について下記の優先順位を設定しています

icon public-private patient.png

患者さんの関りを高める

医薬品開発における患者さんの関りを高めます。特に、希少疾患の患者さんや、十分なサービスが受けられていないコミュニティを代表する患者さんの意見を積極的に取り入れます。

icon public-private innovate.png

イノベーションを促進する

細胞療法や遺伝子治療の開発の道筋を明確に示すなどの活動を通じ、革新的なアプローチを進め、医薬品開発を促進します。

icon public-private data.png

利用可能なデータを全て活用

医薬品開発において、利用可能な全ての関連データを活用します。まずはリアルワールドデータと分析に注力します。

icon public-private regulatory.png

審査プロセスと連携

規制当局による審査プロセスと当局との連携を円滑にするため、まずはクラウドプラットフォームの開発に注力し、規制当局との効率的なデータ共有を目指します。