SKIT Open Innovation
(SKIT:Selective Kinase Inhibitor Tools)

概要

SKIT Open Innovation  *SKIT: Selective Kinase Inhibitors Tools

SKIT Open Innovationでは、学術および創薬研究の推進を目的として、研究者の皆様からタケダの重点疾患領域(神経精神疾患、消化器系疾患、オンコロジー)および免疫機能・細胞に関する創薬研究に適した細胞系表現型アッセイを募集いたします。
 
本プログラムでは、採択させていただいた応募者の方に対し、タケダが創薬研究より独自に見出した化合物を含む、合計約200種類の選択的プロテインキナーゼ阻害化合物(「SKITライブラリ」)を提供いたします。SKITライブラリは、タケダが独自のアッセイ法により300を超えるプロテインキナーゼに対する活性を評価したうえ、一定の活性値および選択性の指標により選択した化合物です。アカデミアにおいて、疾患との関連性が高い細胞系表現型アッセイを用いてSKITライブラリの評価を実施していただくことにより、新たな科学的知見の創出やその知見にもとづく創薬研究の更なる発展へとつなげたいと考えています。
 
本プログラムにより一定の活性を示す化合物(「ヒット化合物」)が見出された場合、当該化合物の活性値およびキナーゼ選択性プロファイル(「キナーゼ・プロファイル」)を開示いたします。また、そのうちの最大3化合物について、化合物構造を開示いたします。これらの情報は、応募者ご自身の今後の研究にご活用いただけます。得られた研究成果の内容に応じ、弊社との更なる研究提携の実施をご提案する場合もございます。
 
昨年度は、多くの先生方にご応募いただき、12案件を採択、これまでヒット化合物の報告をいただいた先生方にキナーゼ・プロファイルの開示を行ってまいりました。今年度も多くの先生方に応募いただくため、募集期間を1年間として本プログラムを再開いたします。
 
本プログラムを通じて、創薬研究につながる新たな科学的知見が見出されるとともに、タケダが独自に構築した化合物が、皆さまの更なる研究の発展の一助になることを期待しております。皆様から多くのご応募を心よりお待ちしております。


募集要項

項目 詳細
応募資格 日本国内のアカデミア(大学または公的研究機関)に所属する研究者
募集対象 タケダの重点疾患領域(神経精神疾患、消化器系疾患、オンコロジー)および免疫機能・細胞に関する細胞系表現型アッセイ
※オンコロジーについてはがん免疫のみ対象 
募集期間 2017年10月17日(水)~2019年9月30日(月)

※3ヶ月毎(2018年12月、2019年 3月、6月、9月の月末)に応募を締切り、各期間の応募をまとめて選考いたします。

※採択後、応募者のご所属機関と弊社との間で、SKITライブラリの提供に関する契約(弊社雛形)を締結したうえ、弊社からSKITライブラリを提供致します。

※SKITライブラリの数に限りがございますため、なくなり次第、募集期間中であっても応募受付を終了する場合がございますことをご了承ください。
選考期間 3ヶ月毎の応募締切り後、約1ヶ月間
研究期間 SKITライブラリの提供に関する契約の締結後6ヶ月間
プログラム概要 (1)  ライブラリの提供(弊社)弊社より、SKITライブラリ約200化合物(10 mM溶液、3uL)をプレートにて提供いたします。なお、この時点においては、キナーゼ・プロファイル及び化合物の構造に関する情報は非開示とさせていただきます。

(2)  評価試験の実施・報告書の提出(応募者)応募者にて、ご応募いただいたアッセイ系をもとに、SKITライブラリの評価試験(「本評価試験」)を実施いただき、その結果をとりまとめた報告書を弊社にご提出いただきます。

※本評価試験の実施に際し、弊社からの研究資金の提供はございませんので予めご了承ください。

(3)  キナーゼ・プロファイルの開示および研究提携の提案(弊社)本評価試験の結果として10μM以下の化合物濃度で有意なフェノタイプ活性を示す化合物(「ヒット化合物」)が見出された場合、弊社は、ヒット化合物のキナーゼ・プロファイル(活性値およびキナーゼ選択性プロファイル)を応募者に開示いたします。また、報告書の受領から3ヶ月以内を目処に、弊社との更なる研究提携をご提案させていただく場合がございます。 

※10μMで細胞傷害性が無いことを確認していますので、10μM以下の化合物濃度で有意なフェノタイプ活性を示す化合物をヒット化合物といたします。

(4) 化学構造情報の開示(弊社)研究提携に進まない場合においても、弊社は、ヒット化合物のうち最大3つの化合物の化学構造に関する情報を応募者に開示いたします。化学構造を開示するヒット化合物は、応募者のご希望を伺ったうえ、弊社にて決定いたします。
成果の取り扱い 本評価試験の実施により得られた成果については、次の3点をご承諾いただくことを条件に、応募者のご所属機関に帰属することとし、弊社が開示するキナーゼ・プロファイルおよび化学構造に関する情報とあわせて、応募者の研究のために(公表等を含む)のためにご活用いただけます。

①タケダ及びタケダ子会社が、すべての成果(知的財産権の対象となるものを含みます)を無償で活用できること

②タケダが希望する場合、成果の独占的実施についての協議に応じていただけること

③タケダから化学構造を開示したヒット化合物に関する成果については、タケダによる構造の開示から6ヶ月が経過するまでの期間、公表をお控えいただけること

④タケダオリジナル化合物*に関する権利は、タケダに留保することに同意いただけること
*タケダが独自にデザイン・合成した化合物


募集内容

下記の疾患および免疫機能・細胞に関する細胞系表現型アッセイを募集いたします。
(下記の3点の要件があればより好ましい)

  • ヒト疾患との関連性
  • 創薬研究への適用あるいは応用(※)
  • ヒト由来細胞あるいはそれに準ずる細胞を用いたアッセイ系

※臨床サンプル、オルガノイド、細胞などに関する情報をいただき、選考において創薬研究への適用・応用について相談させていただくことも可能です。

【神経精神疾患】

うつ病、双極性障害、統合失調症、自閉症、アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、ハンチントン病などの神経精神疾患の創薬に向けた細胞系表現型アッセイ

【消化器系疾患】
消化管運動障害、肝線維症の探索研究に使用することが可能なヒト由来細胞、あるいはそれに準ずる細胞を用いた細胞系表現型アッセイ

【がん免疫】
抗腫瘍免疫応答を利用したがん治療に向けた細胞系表現型アッセイ

【免疫機能・免疫細胞】

免疫機能、特に神経炎症・神経免疫および腸管免疫に関連する細胞系表現型アッセイ

  例:

  • iPS細胞から免疫細胞への分化誘導・促進
  • ミクログリアによる神経炎症制御
  • 免疫細胞による神経機能・神経細胞死制御
  • 血液脳関門あるいは血液脳脊髄液関門を介した免疫細胞浸潤の制御
  • 免疫反応に関連したエクソソームの分泌制御
  • 免疫細胞の老化阻害
  • 免疫寛容の誘導
  • マイクロバイオータによる免疫細胞の制御

細胞系表現型アッセイを用いた上記の免疫機能に関連するバイオマーカー探索

応募方法

ステップ1

 

  • 非機密の情報に基づき、アッセイ紹介フォームに必要事項をご入力下さい。
  • ご入力済みのアッセイ紹介フォームを、ご自身の端末に保存して下さい。この際、ワードファイルのサイズが1MB以下であることをご確認下さい。
※原則、非機密の情報にもとづき選考を行います。本応募に際して開示された情報について、弊社は秘密保持義務を負いかねますので、研究概要フォームへの機密情報のご入力はお控えください。なお、選考過程において必要が生じた場合には、別途ご所属機関との間で秘密保持契約を締結のうえ、機密情報の提供をお願いする場合がございます。
ステップ2
  • 下の「SKIT Open Innovationに応募する」ボタンをクリックして下さい。
  • 応募のために同意いただく事項」の内容をご確認の上、ご同意いただける場合には、「同意する」ボタンをクリックして下さい。
ステップ3
  • 応募フォームに必要事項を入力し、ステップ1で作成したアッセイ紹介フォームを添付の上、「確認画面へ」のボタンをクリックして下さい。
  • 入力内容に誤りがないことをご確認のうえ、「送信」ボタンをクリックしてご応募下さい。
ステップ4
  • 応募フォームにご入力いただいたEメールアドレスに、SKIT Open Innovation事務局から応募受付確認のEメールをお送りします。
  • SKIT Open Innovationは、SKIT Open Innovation事務局からの応募受付確認メールをもって完了します。応募後5営業日が過ぎても応募受付確認メールが届かない場合には、お手数ですが、以下のSKIT Open Innovation事務局までEメールにてご連絡ください。
【お問い合わせ】SKIT Open Innovation事務局SKIT-OI@takeda.co.jp

 

 


スケジュール

3ヶ月毎(2018年12月、2019年 3月、6月、9月の月末)に応募を締切り、各期間の応募をまとめて選考いたします。 

選考結果のご連絡

ご応募いただいた内容をもとに、タケダ創薬研究におけるニーズとのマッチング、アッセイ系の独創性等を基準として弊社にて選考を行い、3ヶ月毎(2018年12月、2019年 3月、6月、9月の月末)の応募締切り後、約1ヶ月以内に応募フォームにご入力いただいたEメールアドレスへ選考結果をご連絡いたします。
なお、選考結果の連絡があるまでは「応募のために同意いただく事項」をお手元に保管いただきますようお願いいたします。





お問い合わせ 
SKIT Open Innovation事務局 
SKIT-OI@takeda.co.jp 
残念ながらいただいたEメール全てにはお返事を差し上げられない場合がございます。 
あらかじめご了承いただきますようお願い申しあげます。