神経・精神研究

 

課題1

精神疾患のバイオタイプに関する研究
Neuro-physiological biotype and omics analysis in psychiatry disorders

近年、気分障害を中心とした精神疾患において遺伝的背景、中間表現型及び症状等の複数パラメータを用いたいわゆる神経生理学的バイオタイプに基づく患者層別化研究が進んでいる。バイオタイプに基づく患者層別化は、より病態に沿った創薬研究を可能とする。一方で、創薬ターゲットの創出には分子生物学的変化を捉えることも重要であり、バイオタイプと分子変化の関連解析等が望まれる。本件では、精神疾患におけるバイオタイプ研究及びそれに紐づくオミクス解析を実施し、創薬ターゲットの創出に貢献しうる研究を募集したい。本課題では、必要に応じて、当社から研究関連技術の提供を検討する。



課題2

精神系指定難病(うつや不安等の精神症状を示すもの)における新規創薬ターゲットの提案およびターゲットバリデーション研究
Proposals and target validation study of novel drug targets for designated incurable psychiatric disorders that have problematic psychiatric symptoms (especially depressive and anxiety symptoms)

募集重点項目:

  • 精神系の指定難病に特化した研究
  • 臨床データおよび、臨床サンプルのNGSデータ等の解析結果に基づく、臨床エビデンスの強い新規ターゲットの提案
  • 疾患との関連が見込まれる細胞(患者由来細胞、iPS細胞等)を用いたバリデーション研究、またはヒトに外挿性のある動物モデルの創出の提案

注:

  • 既報の原因遺伝子の再現性確認等は含まない
  • モダリティ(低分子、核酸、抗体等)は問わない



課題3

神経変性を伴う希少疾患・難病に対する新規治療法の提示と検証研究
Proposals and validation study of novel therapeutic approaches for rare/intractable diseases associated with neurodegeneration           

中枢性希少疾患(遺伝性疾患を含む)で広く特徴的に認められるRNA/DNAの異常構造、RNAスプライシング異常、異常なたんぱく質翻訳等を抑制するモダリティ(低分子・核酸・抗体等)を幅広く募集する。
公開された、或いは自ら取得した、臨床データ、臨床サンプルのNGSデータ等を解析する等して見出された新規創薬ターゲット候補と、その妥当性を検証する研究提案を優先する。妥当性検証の評価系としては、臨床効果の予測性が高いものを希望する。例えば、iPS細胞等のヒト由来細胞(状況に応じて正常、患者由来)と疾患予防治療に関連する指標を用いること等が該当する。

対象疾患:
筋萎縮性側索硬化症(ALS)、ハンチントン病に代表される各種リピート病等



課題4

多系統萎縮症に対する新規フェノタイプスクリーニング法、新規創薬ターゲット、あるいは細胞/動物モデルの創出とその検証研究
Research on multiple system atrophy: generation and validation of novel phenotypic screening methods, molecular targets, or cellular/animal models

病態メカニズム、臨床知見、臨床サンプル解析データ等に基づいた多系統萎縮症治療に関する研究を募集する。

募集重点項目:

  • ハイスループットスクリーニングに適用可能な表現型スクリーニング法の開発
  • 新規創薬ターゲット提案とそのバリデーション

疾患との関連が見込まれる細胞または動物モデルの創出とそのバリデーション(例)患者由来細胞、iPS細胞等ヒト細胞を用いたモデル、あるいはヒトに外挿性のある動物モデル



課題5

InformaticsAIを駆使した神経精神疾患に対する新規創薬ターゲットの提案と機能検証研究
Informatics/ artificial intelligence-based proposals and target validation study of novel drug targets for neuropsychiatric disorders

公開された、或いは自ら取得した、臨床データ、臨床サンプル解析データをIn silico解析することにより見出された下記疾患に関連する新規創薬ターゲット候補と、そのターゲットの機能、創薬ターゲットとしての妥当性を検証する研究提案を募集する。

対象となるターゲット:

  • 精神疾患:治療抵抗性うつ病、統合失調症の認知機能障害あるいは陰性症状の改善に繋がる可能性のあるターゲット
  • 神経変性疾患:アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病態修飾に関わる可能性のあるターゲット

機能検証する評価系としては、臨床効果の予測性が高いものを希望する。例えば、iPS細胞等ヒト由来細胞(状況に応じて正常、患者由来)と疾患予防治療に関連する指標を用いるものが該当する。
注:遺伝子変異動物含め疾患モデル動物のオミクス解析等は該当しない。



課題6

選択的スプライシング等RNAプロセシング制御を標的とする新規神経精神疾患ターゲット探索
Novel drug target identification for neuropsychiatric disorders focused on the alternative splicing regulation

近年新たな疾患治療MOAとして選択的スプライシング制御を中心とするRNAプロセシング機構が注目されている。RNAプロセシングを制御することで病原変異遺伝子発現の抑制もしくは正常型機能遺伝子の発現回復により、新たな治療法を提供できると期待する。そこで本課題では大規模ゲノム解析を活用した疾患治療標的スプライシング遺伝子の同定法、同制御に対する革新的な薬剤スクリーニング手法ならびに標的スプライシング制御因子の同定法等、広くアイデアを募集する。



課題7

制御性免疫細胞に着目した神経精神疾患あるいは希少疾患(中枢性希少疾患に限らない)の治療に応用可能な研究
Regulatory immune cell-focused research applicable to the treatment of neuropsychiatric disorders or rare diseases (not limited to rare neurological diseases)

本課題では、Tregをはじめとする免疫抑制機構に着目した、神経精神疾患、あるいは免疫異常が寄与する希少疾患等の治療に応用可能な革新的なアイデア、技術を募集する。

フォーカスする研究:

  • 制御性免疫細胞を用いた細胞治療
  • 制御性免疫細胞の安定性(stability)や可塑性(plasticity)の研究
  • 制御性免疫細胞の選択的な増幅、機能制御の研究
  • 制御性免疫細胞の疾患関連分子特異的、病変部位特異的なターゲティングの研究
  • 抗原特異的な免疫寛容の誘導を目指した研究

フォーカス外の研究:

  • 多発性硬化症(再発寛解型)、急性期脳卒中、偏頭痛、疼痛に関する研究のうち、他疾患への応用が困難と考えられるもの



課題8

中枢あるいは末梢免疫/炎症の制御を目指した神経精神疾患の創薬研究
Drug discovery for neuropsychiatric disorders aiming at control of central or peripheral immunity / inflammation

本課題では、(1)神経精神疾患の病態形成に関与する炎症・免疫系の異常を引きおこすメカニズムの解明、(2)その異常を制御することを目的とした治療研究、に関するアイデアを募集する。

フォーカスする研究:

  • 患者サンプル( iPS細胞由来サンプルも含む)を使用した研究
  • 臨床外挿性の高い細胞(ミクログリア、アストロサイト、それらと神経細胞との共培養等)、動物モデルを使用した研究
  • 疾患遺伝子や疾患関連分子、パスウェイに関する研究
  • 細胞治療を指向した研究

フォーカス外の研究:
多発性硬化症(再発寛解型)、急性期脳卒中、偏頭痛、疼痛に関する研究



他の研究課題




応募方法

下記の1~3の手順に従って、ご応募ください。

  1. 下記の研究計画書をダウンロードし、非機密の情報に基づき、研究計画書に必要事項をご記入ください。

  2. 下の「COCKPI-T® Fundingに応募する」ボタンをクリックしてください。 
    ※ 「応募のために同意いただく事項」の内容をご確認の上、「同意する」ボタンをクリックしてください。

  3. 応募フォームに必要事項を入力し、1.で作成した研究計画書を添付の上、入力内容に誤りがないことをご確認いただき、「送信」ボタンをクリックしてご応募ください。 
    ※応募フォームにご入力いただいたメールアドレスに、COCKPI-T® Funding事務局から応募受付確認メールをお送りします。

 

下記からダウンロードの上ご利用ください。

研究計画書をダウンロードする

※A4縦 保存形式:.docx .doc 容量:1メガバイトまで ファイル名:半角英数

COCKPI-T® Funding の応募規約はこちら

お問い合わせ 
COCKPI-T® Funding事務局 
COCKPI-T@takeda.co.jp 
残念ながらいただいたEメール全てにはお返事を差し上げられない場合がございます。 
あらかじめご了承いただきますようお願い申しあげます。