アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

ニューロサイエンス研究

プラットフォーム技術研究の領域にもニューロサイエンス研究に関連する募集あり

 

課題1

筋萎縮性側索硬化症、ハンチントン病や各種運動失調症等の神経変性を伴う希少疾患・難病に対する新規治療法の提示と検証研究

Proposal and validation study of novel therapeutic approaches for rare/intractable diseases associated with neurodegeneration; e.g. ALS, Huntington’s disease and ataxias

 

中枢性希少疾患(遺伝性疾患を含む)で広く特徴的に認められるRNA/DNAの異常構造、RNAスプライシング異常、異常なたんぱく質翻訳などを抑制するモダリティ(低分子・核酸・抗体など)を幅広く募集する。
公知或いは自ら取得した臨床データ、臨床サンプルのNGSデータ等を解析するなどして見出された新規創薬ターゲット候補の提示と、その妥当性を検証する研究計画がセットになった研究提案を優先する。妥当性検証の評価系としては、臨床効果の予測性が高いものを希望する。例えば、iPS細胞等のヒト由来細胞(状況に応じて正常、患者由来)と疾患予防治療に関連する指標を用いることなどが該当する。

対象疾患:
 筋萎縮性側索硬化症(ALS)、ハンチントン病に代表される各種リピート病など



課題
2

神経変性疾患および神経発達疾患を対象とした細胞老化に関する研究

Research on cellular senescence in neurodegenerative and neurodevelopmental diseases

中枢疾患における細胞老化の関与の解明や、細胞老化を標的にした将来的な創薬への応用に貢献しうる研究を募集する。

対象研究:

  • 細胞老化(ゲノム不安定性、dsDNAやmtDNA の漏出、細胞老化によって誘導される細胞の表現型など)と神経変性疾患および神経発達疾患との関係性の解明
  • 神経変性および神経発達異常を伴う疾患を対象とする(例、希少疾患、パーキンソン病、アルツハイマー病、自閉症)

将来的な臨床応用のため、患者サンプル、ヒトサンプルを用いた研究を優先する。



課題
3

神経変性疾患における血液脳関門の病態生理に関する研究

Research on pathophysiology of blood-brain barrier in neurodegenerative diseases

 

対象研究:

  • 神経変性疾患を対象とする(例、希少疾患、パーキンソン病、アルツハイマー病)
  • 病態における血液脳関門の機能変化を解析し、創薬研究への応用を目指した研究

将来的な臨床応用のため、患者サンプル、ヒトサンプルを用いた研究を優先する。



課題
4

Non-demented with Alzheimer's neuropathologyに関する研究

Research on non-demented with Alzheimer's neuropathology

 

アルツハイマー病理を示しながらも認知機能の低下を伴わない症例に関した研究を募集する。

 

対象研究:

  • 認知機能低下を誘導しない分子メカニズムの解明
  • その分子メカニズムを利用した創薬標的、患者の層別化につながる研究



課題
5

中枢疾患に対するミクログリア細胞治療研究

Research on cell therapy for central nervous system

 

対象研究:

  • 神経変性疾患を対象とする(例、希少疾患、パーキンソン病、アルツハイマー病)
  • 末梢投与可能なミクログリアをモダリティとした中枢疾患創薬を目指した研究
  • 中枢疾患細胞治療を行うためのミクログリアの中枢への送達方法に関する研究



課題
6

神経変性疾患における鉄蓄積の生理的・病理的意義に関する研究

Research on physiological and pathological significance of iron accumulation in neurodegenerative diseases

 

対象研究:

  • 神経変性疾患を対象とする(例、希少疾患、パーキンソン病、アルツハイマー病)
  • 神経、シナプス機能に対する鉄蓄積の影響に関する研究
  • 鉄蓄積とフェロトーシスに関する研究
  • 神経変性疾患におけるフェリチノファジーに関する創薬研究
    ・フェリチノファジーが関与する新たな神経変性疾患の探索
    ・細胞レベルでの新規フェリチノファジー検出法
    ・in vitro/in vivo フェリチノファジー関連バイオマーカーならびにフェリチノファジーを調節する化合物の探索

 



課題
7

デュシェンヌ型、 筋強直性などの筋ジストロフィーや先天性ミオパチーなどの遺伝性筋疾患に対して根本治療を目指した新たな低分子化合物の創薬アイデア

Ideas on novel small molecule therapeutics for congenital muscle diseases such as muscular dystrophies (DMD, DM1, etc.) or congenital myopathies

 

遺伝性筋疾患に対して、単なる症状改善ではなく、原因遺伝子の異常もしくはその異常に基づいた病態に直接介入することができる新たな低分子化合物の創薬アイデアを幅広く募集する。また、その化合物の臨床効果をより精度良く予測するためのプラットフォームもしくはそのアイデア(例えば、iPSCなどの患者由来細胞を用いた機能評価の実験系や、ヒト病態をより正確に反映した動物モデルなど)が付随するとなお望ましい。



課題
8

シャルコー・マリー・トゥース病、球脊髄性筋萎縮症、先天性筋無力症候群などの遺伝性ニューロパチーに対して根本治療を目指した新たな低分子化合物の創薬アイデア

Ideas on novel small molecule therapeutics for hereditary neuropathies such as Charcot-Marie-Tooth (CMT) disease, spinal and bulbar muscular atrophy (SBMA) or congenital myasthenic syndrome (CMS), etc.

 

遺伝性ニューロパチーに対して、単なる症状改善ではなく、原因遺伝子の異常もしくはその異常に基づいた病態に直接介入することができる新たな低分子化合物の創薬アイデアを幅広く募集する。また、その化合物の臨床効果をより精度良く予測するためのプラットフォームもしくはそのアイデア(例えば、iPSCなどの患者由来細胞を用いた機能評価の実験系や、ヒト病態をより正確に反映した動物モデルなど)が付随するとなお望ましい。



課題
9

神経炎症に関連する細胞モデル・動物モデルの構築および、自然免疫系阻害剤に対する適切な患者層別化戦略

Establishment of neuroinflammation related cellular model/animal model and strategy for patient stratification for inhibitor of innate immune system

 

自然免疫系は神経変性疾患において重要な役割を果たしていると考えられる。中でも我々はDNAセンシング、インフラマソーム、補体活性化に興味を持っており、以下の項目を含む課題を優先する。

  • DNAセンシング、インフラマソーム、補体活性化に関連する研究

その中でも特に、

  • 神経炎症に関連する細胞モデル・動物モデルの構築
  • 自然免疫系阻害剤に対する適切な患者層別化戦略

 

なお、応募者が使用予定の自然免疫系阻害剤を武田が保有する場合には、その化合物の提供も可能である。



課題
10

加齢に伴う神経機能の低下(睡眠の質の低下等)に関する新規治療法の提示

Novel therapeutic approach to prevent or recover age-related disturbance of neuronal function; e.g. sleep/circadian rhythm, waste clearance, BBB integrity, inflammation, organelle homeostasis, DNA damage

 

以下の項目を含む課題を優先する。

  • 疾患と患者層の定義に関する研究
  • 患者の層別化を可能とするバイオマーカーの研究

 

例えば、下記のような加齢に伴う機能低下を改善する新規治療法が想定される。

  • 睡眠の質・概日周期の調節:short sleeperに関する研究を含む
  • Glymphatic systemやautophagyを介した脳の老廃物の除去
  • 血液脳関門の機能の維持・改善
  • 加齢性炎症の制御
  • ミトコンドリアなどの細胞器官の機能改善・恒常性の維持
  • DNA損傷の蓄積の防止または減少

 

フォーカス外の研究:

  • 運動療法
  • 栄養療法



課題
11

脳からの異常タンパクのクリアランス機構、Glymphatic Systemを促進する方法

Novel methods to enhance clearance system of abnormal proteins from brain, glymphatic system

 

アルツハイマー病をはじめとした神経変性疾患の多くは、脳内異常タンパクの蓄積が主な病理変化である。その原因として、そのような異常タンパクを脳から除去する脳クリアランス機構、いわゆるGlymphatic systemの機能的低下が近年注目されている。従って、このGlymphatic systemの低下を改善することは、種々の神経変性疾患の予防、ないし進行の抑制に極めて重要であると考えられる。本課題ではそれに適う新規の革新的な基礎的な研究を募集する。

対象研究:

  • 神経変性疾患を対象とする(例、希少疾患、パーキンソン病、アルツハイマー病)
  • 脳の老廃物の除去メカニズムの解明
  • 臨床サンプル・臨床データを用いた解析



課題
12

神経変性疾患における白質病変に対する創薬研究・トランスレーショナル研究

Drug discovery research and Translational research for white matter damage in neurodegenerative disease

 

神経変性疾患(希少疾患を含む)で認められる白質病変の病態メカニズムを理解し、新たな創薬標的探索やトランスレーショナル研究に展開するためのアイデアを募集する。患者さんの白質病変試料を用い、神経細胞やグリア細胞における変化を解析する提案や、患者さんの試料から作成した神経細胞とグリア細胞を用いたモデル構築の提案は特に望ましく、必要に応じて弊社研究所から技術的サポートの提供も可能である。対象とする疾患領域は、アルツハイマー病や前頭側頭型認知症に加え、白質脳症などの希少疾患も含め、幅広い分野からの提案を期待する。



他の研究課題


応募方法

下記の1~3の手順に従って、ご応募ください。

 

  1. 下記の研究計画書をダウンロードし、非機密の情報に基づき、研究計画書に必要事項をご記入ください。
  2. 下の「COCKPI-T® Fundingに応募する」ボタンをクリックしてください。
    ※「応募のために同意いただく事項」の内容をご確認の上、「同意する」ボタンをクリックしてください。
  3.  応募フォームに必要事項を入力し、1.で作成した研究計画書を添付の上、入力内容に誤りがないことをご確認いただき、「送信」ボタンをクリックしてご応募ください。
    ※応募フォームにご入力いただいたメールアドレスに、COCKPI-T® Funding事務局から応募受付確認メールをお送りします。

 

下記からダウンロードの上ご利用ください。

研究計画書をダウンロードする

※A4縦 保存形式:.docx .doc 容量:1メガバイトまで ファイル名:半角英数

 

COCKPI-T® Funding の応募規約はこちら

 

お問い合わせ 
COCKPI-T® Funding事務局 
COCKPI-T@takeda.com
残念ながらいただいたEメール全てにはお返事を差し上げられない場合がございます。 
あらかじめご了承いただきますようお願い申しあげます。