研究活動における倫理的配慮

当社では、医薬品のヒトにおける有効性や安全性の予測のため、ヒト由来の試料や情報(血液や組織、遺伝情報など。以下「試料・情報」といいます。)を用いた研究を行うことがあります。このような研究を実施するにあたり、試料・情報をご提供いただいた方への倫理的配慮を適切に行うため、国が定めた「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」及び、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」に基づき、研究の妥当性、試料・情報提供者からの適切な同意取得の方法、個人情報の保護などについて厳正な審査を行っています。また試料・情報を取り扱う職員には、これらの倫理指針の内容等について年に一度の定期的な教育の受講を義務付けています。

これらの倫理指針では、研究のために国内外の第三者に試料・情報を提供する場合などで、同意の取得が困難な場合には、試験の内容を通知または公開することが求められることがあります。当社の研究活動において、通知または公開が求められる試験は以下のリンクから確認できます。

・公開の対象となる研究一覧