研究に関するコンプライアンスの推進

新薬の研究・開発に必要不可欠な動物実験の実施にあたっては、研究所内委員会(動物実験委員会等)を設置したうえで、「動物の愛護及び管理に関する法律」等の法令を遵守し、生命を尊重して動物を愛護するとの考えに基づいた倫理的かつ科学的な基盤である3Rs※1の実践に最大限に配慮しています。なお、湘南研究所、ミレニアム社、武田カリフォルニア Inc.は、AAALACインターナショナル(国際実験動物管理公認協会)※2の完全認証を取得しています。 

また、バイオハザードやケミカルハザードなどについても、人や環境への影響を考慮して万全の対策を講じています。

※1 Reduction(使用する動物数の削減)、Replacement(動物を使用しない 実験への置き換え)、Refinement(動物の苦痛軽減) 
※2 自主的な審査と認証プログラムを通して、科学における動物の人道的な管理 を促進する民間非政府組織。