アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

希少疾患患者の個別化医療実現に向けた新しいソリューション

タケダはPwCとの提携のもと、研究開発の最優先事項の一つである、デジタル化に向けた継続的な取り組みを紹介するホワイトペーパー「ミッション:患者さん中心の医療―テクノロジーによる希少疾患患者の個別化医療実現に向けた取り組み」を発行しました。

このホワイトペーパーは、タケダの希少出血性疾患領域の個別化医療・イノベーション部門シニアディレクターであり、グローバルコマーシャルリーダーのクリス・イーストンと、PwCのシニアエグゼクティブアドバイザーであるクリス・イスラーとの対談をもとに作成されました。両氏は、イノベーション、データおよびテクノロジーについて意見を交わし、それらを、患者数の多い他の治療領域と較べて遅れをとっている希少疾患領域の医療産業分野にどのように適用できるかについて、話し合いました。

機能性に関する誤った認識に対処し、タケダの患者さん中心の取り組みを再確認したこのホワイトペーパーは、希少疾患患者コミュニティに向けた決意と願いを示すものです。また、希少疾患領域での研究開発リソースに合わせたデジタル化を継続的に発展させるというタケダの誓約にも焦点を当てています。

ホワイトペーパー(英語版)のダウンロードはこちら

Takeda PH whitepaper_Cover_FINAL.jpg