アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

ニューロサイエンス(神経精神疾患)

Neuroscience_hero

ニューロサイエンス(神経精神疾患)領域におけるタケダの使命は、いまだ有効な治療方法がない神経疾患、および精神疾患に苦しむ患者さんに革新的な医薬品を提供することです。私たちは、研究開発活動のみならず、神経精神疾患の患者団体や医療提供団体を支援することを通じて、患者さんに適切な情報提供を促し、治療を容易に受けられるように後押しします。

疾患領域

大うつ病性障害(MDD)
一般的に「うつ病」として知られる大うつ病性障害(MDD)は、精神障害の主な原因として世界的に認知されており、全世界の疾病負担の主要な原因でもある複雑な精神疾患です。MDDは、感情的症状、認知症状、および身体的症状を誘発することがあります。その症状には、抑うつ気分、興味または喜びの喪失、著しい体重減少または増加、食欲の変化、不眠または過眠、精神運動焦燥または遅延、疲労感または気力の喪失、無価値感や過度の罪悪感、思考力や集中力の減退、または決断困難、および反復性の自殺念慮が含まれます。

注意欠如・多動症(ADHD)
ADHDは、小児期において最もよく見られる神経行動の障害をきたす疾患の一つです。ADHDの主な特徴は、反復してみられる不注意や、日常生活や発達を妨げる多動です。不注意や多動は単独で起こることも、両方みられることもあります。多くの人々がADHDを小児期だけの問題と考えがちですが、ADHDと診断された小児の約50%は症状を継続し、成人期においてのADHDとして診断されます。

過食障害(B.E.D.)
過食障害は米国成人に最もよく見られる摂食障害で、無食症と過食症の合計よりも高い有病率となっています。過食障害は男女ともに発症し、あらゆる人種や民族に見られ、正常体重および過体重や肥満の成人で発症する可能性があります。 過食障害は、同様の条件下で一般的な摂取量と比較して大量の食品を短時間に摂取する状態が、少なくとも平均週1回を3ヵ月間にわたって反復する症状と定義されています。患者さんは、過食症状が出ると摂食をコントロールできなくなり、自身の過食行動に激しく動揺します。



関連コンテンツ