オラニエンブルクにおけるグローバル製造ネットワークの強化

2017年6月16日、タケダはドイツ、オラニエンブルクの既存拠点に加え、新たな製造施設を竣工した。当拠点に1億ユーロを投資し、タケダのグローバルな製造ネットワークを強化する。竣工式にはアンゲラ・メルケル独首相、ディートマー・ヴォイトケ ブランデンブルク州知事、八木毅駐独大使をはじめとする要人が来賓として出席したことからも、今回の投資がいかに重要であるかが分かる。

タケダの固形製剤の「センター・オブ・エクセレンス」

タケダのグローバル製造ネットワークの一翼を担うオラニエンブルクは、16ヵ国に位置する23の製造拠点のひとつだ。同ネットワーク内で、当拠点は固形製剤の「センター・オブ・エクセレンス(最先端の中心的製造拠点)」と見なされており、年間およそ62億錠の錠剤やカプセルを製造している。当拠点においては、118種、800のバリエーションにおよぶ製品-消化器系疾患治療剤、循環器系疾患治療剤、代謝系・中枢神経系疾患治療剤が製造されている。オラニエンブルクで製造される製品の約98%が世界100ヵ国以上へ輸出される。1995年の工場操業開始以来、当拠点は主要な国際機関の監査に合格している。

2017年4月時点で、タケダのオラニエンブルク工場の従業員数は、インターン58名を含め766名であり、これは当拠点130年の歴史上最多の人数だ。この従業員数には、生産能力拡大により創出された新規雇用とインターン180名分が含まれている。

3D印刷をはじめとする最新技術を採用

現行のテクノロジーへの投資に加え、タケダは既に将来に向けた探究を始めている。オラニエンブルク工場の竣工式では、3D印刷のデモが行われた。現在、タケダでは、入手困難な製造機械の予備部品を迅速かつ低価格で調達するために3D印刷の技術を利用している。こうした最先端テクノロジーにより、工場の柔軟性が向上し、サプライチェーンへの依存度を低減させている。将来的には、医薬製剤を直接印刷できるようになる可能性もある。こうしたテクノロジーの基礎は既に存在しており、様々なパートナーとの共同研究が進められている。

ドイツのワクチン製造拠点への投資

オラニエンブルク工場の施設に加えて、タケダはジンゲンにドイツ第2の製造拠点を擁する。現在、タケダは、1億ユーロを投じてデング熱ワクチン製造のための新施設を同拠点に建設中だ。デング熱は最も急速に拡大している蚊を媒介とするウイルス感染症のひとつで、100ヵ国以上で感染が確認され、世界人口の40%以上を脅かしている。

両拠点における投資により、ドイツにおけるタケダの従業員数は増加し続け、直近ではその数は2,000名を超えている。

ドイツのワクチン製造拠点への投資

オラニエンブルク工場の施設に加えて、タケダはジンゲンにドイツ第2の製造拠点を擁する。現在、タケダは、1億ユーロを投じてデング熱ワクチン製造のための新施設を同拠点に建設中だ。デング熱は最も急速に拡大している蚊を媒介とするウイルス感染症のひとつで、100ヵ国以上で感染が確認され、世界人口の40%以上を脅かしている。

両拠点における投資により、ドイツにおけるタケダの従業員数は増加し続け、直近ではその数は2,000名を超えている。

1920年の作業光景

ALTANAは2006年にナイコメッド社により買収され、ナイコメッド社は、その後2011年にタケダに買収された。タケダは、2017年までにさらに1億ユーロを投じて第3の製造施設を設立し、ハイベイ倉庫を拡張する計画を2014年に発表している。