加速する変革を世界へ発信

タケダは、東京・ニューヨーク両証券取引所に上場する唯一の製薬企業として、新たな歴史の幕を上げた。これは、真にグローバルな研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーとして変革を加速することを意味している。圧倒的多数の株主の皆様から支持を得て、発表からわずか8か月で完了したシャイア―社の買収は、グローバル製薬企業としてのタケダの地位を強化し、研究開発力を飛躍的に拡大すると共に、強固で多様なモダリティ(創薬手法)からなるパイプラインの構築を可能にした。優れた医薬品の創出を通じて「Better Health, Brighter Future」―つまり、人々のより健やかで輝かしい未来に貢献する、というミッションを実現するために、揺るぎない信念のもと画期的な技術革新を追求していく。

未来は希望に満ちあふれている。タケダは日本と米国市場においてリーディングカンパニーとしての地位を得ており、さらに世界約80か国の患者さんの元へと革新的な医薬品を届けていく。統合後は、オンコロジー(がん)、消化器系疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)、および希少疾患の4つの疾患領域と、血漿分画製剤ならびにワクチンの研究開発への投資により年間3兆円超の売上収益が生み出される。

2019年1月 15 日、代表取締役社長兼CEOクリストフ・ウェバーは、ニューヨーク証券取引所でオープニングベルを鳴らした。米国はもとより世界中のより多くの人々にタケダの革新的な医薬品をお届けすることができることを、世界中の人々に印象付ける機会となった。


Takeda around Town


JFK空港の電子掲示板


地下鉄の電子掲示板 #1


地下鉄の電子掲示板 #2


タイムズスクエアでタケダのビデオを上映 


NYSEロビーの電子掲示板 #1


NYSEロビーの電子掲示板 #2


NYSEソーシャルメディアアカウント





関連コンテンツ