アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

次世代細胞療法の開発を加速する

WHERE SCIENCE IS TRANSFORMATIVE.

タケダの研究者たちは、サイエンスを極め、人生を変えるような高度で革新的な医薬品を創出することを目指し、日々研究に取り組んでいます。タケダは、革新的で治癒の可能性を秘める新薬候補に注力しており、自然免疫の力と細胞医薬品の可能性に投資しています。

 

がん細胞療法は免疫療法の一種で、遺伝子操作を加えた免疫細胞にがん細胞を発見させ、破壊させる治療法です。タケダは、オンコロジー領域においては、免疫系のリダイレクトと呼ばれる、免疫細胞を動員して腫瘍を攻撃させる方法に特化した様々なプラットフォームの研究を進めていますが、次世代細胞医薬品もその一つです。私たちは、ナチュラルキラー(NK)細胞、ガンマデルタ(γδ)T細胞、iPS細胞をはじめとする各種の細胞医薬品プラットフォームの研究とエンジニアリング戦略を進めています。これらのアプローチは、がん治療における第一世代の細胞療法を基に、安全性、有効性をさらに向上し、患者さんの利便性を向上させる可能性があることを意図して研究を進めています。

細胞医薬品の製造方法

タケダは、米マサチューセッツ州ボストンのグローバルR&Dセンターに最新鋭の臨床試験用細胞医薬品の製造施設を建設しました。本施設では、米国、欧州と日本で行われる臨床試験用の自己細胞と他家細胞医薬品の製造を行うことができます。

 

細胞医薬品は生きた細胞に遺伝子操作を加えて製造するため、高い清浄度、製造の一貫性、さらには汚染防止を維持できる、厳しい基準を満たした環境内で製造する必要があります。細胞医薬品はそのプラットフォームによって異なる様々な製剤処方、製造方法、輸送方法や投与方法が存在し、求められる条件はそれぞれ異なります。細胞医薬品の製造工程の詳細については、次のビデオをご覧ください。