アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

タケダのパートナーシップ戦略によりがんとの闘いに取組む

Gamma Delta article_Chris Arendt_16 9.jpg

細胞療法が、がん患者さんの生活へプラスのインパクトをもたらす可能性について、Oncology Cell Therapy and Therapeutic Area Unitのヘッドを務めるクリストファー・アーレント(Christopher Arendt博士にインタビューを実施しました。

 

タケダによるGammaDeltaTherapeutics社(以下「GammnaDelt社」)を買収するオプション権の行使は、Maverick Therapeutics社の買収に続く、タケダによるR&Dパートナーシップ戦略の実践の一例です。

また今回の買収は、タケダのがん免疫療法のパイプラインの拡張における重要なステップであり、GammaDelta社のプラットフォームを、ナチュラルキラー(NK)細胞および人工多能性幹(iPS)細胞療法プラットフォームを含む、タケダの細胞療法ポートフォリオへシームレスに統合することが可能になります。

Oncology Cell Therapy and Therapeutic Area Unitのヘッドを務めるクリストファー・アーレント博士に質問しました。

 

Q:タケダのGammaDelta社との提携は、ガンマ・デルタT細胞を免疫療法に活用することに焦点を当てています。簡単に言うと、この細胞はどのようなものであり、がんとの闘いになぜ重要なのですか?

CA:ガンマ・デルタT細胞で特に興味深いのは、「自然免疫」と連動している点です。そのため、がんなどの脅威に対して強力な免疫反応を結集する潜在能力を備えています。

腫瘍に対する認識能力を高める遺伝子を組み込んだ場合には、がんが持つ免疫の監視からの回避機構を克服する可能性があります。

GammaDelta社との提携により開発された細胞療法プラットフォームには、これらの細胞を用いた同種免疫療法を実現するための技術が含まれています。

これらの同種免疫療法は、単一の細胞ソースを用いた製品であり、製造過程の中で多くの患者さん達に投与できるように調整されます。

ガンマ・デルタT細胞は血液がんだけでなく、細胞療法プラットフォームが未発達な領域である固形がんにも効果を発揮する可能性があるという特徴を備えています。

 

Q:今回の買収計画はタケダにとってどのような意味がありますか。

CA:GammaDelta社やMaverick Therapeutics社など、独自の技術プラットフォームと、深い専門知識を有するイノベーターとのコラボレーションは、タケダのR&D活動に変革をもたらし、がん患者さんにとって有望なソリューションをより的確に、早く特定することを可能にします。

タケダは、自然免疫系の活用に焦点を当てた、細胞治療、そしてより広範にはがん免疫治療のポートフォリオにおいて、引き続き進展を遂げています。

その中には、最近POC(概念実証)にあたる早期段階の試験でポジティブな結果を示したファーストインクラスのSUMO化阻害薬であるsubasumastat(TAK-981)や、同じく最近POCの試験目標を達成したファーストインクラスの標的免疫療法であるmodakafusp alfa(TAK-573)などをはじめとする新規プログラムが含まれています。

GammaDelta社の買収は、2022年度第1四半期に最終決定される見込みです。本買収の完了は、米国の1976年ハート・スコット・ロディーノ反トラスト強化法(HSR法)を含む反トラスト法に関わる審査の完了を条件としています。

 

タケダのパートナーシップ戦略についての詳細はこちらをご覧ください。

タケダのオンコロジー事業およびサイエンス・プラットフォームについての詳細はこちらをご覧ください。

タケダの研究開発パイプラインについての詳細はこちらをご覧ください。

 

将来に関する見通し情報

本情報及び本情報に関して配布された資料には、武田薬品の見積もり、予測、目標及び計画を含む当社の将来の事業、将来のポジション及び業績に関する将来見通し情報、理念又は見解が含まれています。将来見通し情報は、「目標にする(targets)」、「計画する(plans)」、「信じる(believes)」、「望む(hopes)」、「継続する(continues)」、「期待する(expects)」、「めざす(aims)」、「意図する(intends)」、「確実にする(ensures)」、「だろう(will)」、「かもしれない(may)」、「すべきであろう(should)」、「であろう(would)」「することができた(could)」、「予想される(anticipates)」、「見込む(estimates)」、「予想する(projects)」などの用語若しくは同様の表現又はそれらの否定表現を含むことが多いですが、それに限られるものではありません。これら将来見通し情報は、多くの重要な要因に関する前提に基づいており、実際の業績は、将来見通し情報において明示又は暗示された将来の業績とは大きく異なる可能性があります。その重要な要因には、日本及び米国の一般的な経済条件を含む当社のグローバルな事業を取り巻く経済状況、競合製品の出現と開発、世界的な医療制度改革を含む関連法規の変更、臨床的成功及び規制当局による判断とその時期の不確実性を含む新製品開発に内在する困難、新製品および既存製品の商業的成功の不確実性、製造における困難又は遅延、金利及び為替の変動、市場で販売された製品又は候補製品の安全性又は有効性に関するクレーム又は懸念、新規コロナウイルス・パンデミックのような健康危機が、当社が事業を行う国の政府を含む当社とその顧客及び供給業者又は当社事業の他の側面に及ぼす影響、買収対象企業とのPMI(買収後の統合活動)の時期及び影響、武田薬品の事業にとっての非中核事業を売却する能力及びかかる資産売却のタイミング、当社のウェブサイト(https://www.takeda.com/jp/investors/reports/sec-filings/)又はwww.sec.gov において閲覧可能な米国証券取引委員会に提出したForm 20-Fによる最新の年次報告書及び当社の他の報告書において特定されたその他の要因が含まれます。武田薬品は、法律や証券取引所の規則により要請される場合を除き、本情報に含まれる、又は当社が提示するいかなる将来見通し情報を更新する義務を負うものではありません。過去の実績は将来の経営結果の指針とはならず、また、本情報における武田薬品の経営結果は武田薬品の将来の経営結果又はその公表を示すものではなく、その予測、予想、保証又は見積もりではありません。