アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

世界最大の花、ショクダイオオコンニャクがタケダの京都薬用植物園で 5 年ぶりに開花

1.png

花の高さは145cm

7 月 2 日(土)、当社の京都薬用植物園で 1993 年より栽培するショクダイオオコンニャクが、2017 年の初の開花以来、約 5 年ぶりに花を咲かせました。この開花を受けて、4日間の期間限定で一般公開も行われ約600人が訪れました。

ショクダイオオコンニャクは自生地では7年に一度しか開花しないといわれている植物です。通常は地中の球根から大きな葉が育ち、葉が落ちると休眠期に入るというサイクルを繰り返しますが、極稀に葉ではなく花芽をつけます。球根が十分に成長すると花芽をつけるなどといわれていますが、理由は未だ解明されていません。国内のみならず世界的にも栽培・観察される個体数が少ないため、栽培に関する知見が少なく、花を咲かせるためには、日々の手入れと観察・対応の試行錯誤が必要となり、丁寧な対応と高い技術力が求められます。

 

2

京都薬用植物園の野崎香樹園長は、「当園は来年 90 周年を迎えます。これまで、諸先輩方から継承されてきた数多くの薬用植物および絶滅危惧種の保全・展示・研究を通して技術や知見を培ってきました。絶滅危惧種にも選定され、その生態に未だ解明されない点の多い希少植物であるショクダイオオコンニャクの 2 度にわたる開花は、当園のこれまでの取組みの成果の 1 つと考えています」と述べています。