アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

税務コンプライアンス

事業を遂行する際、法人税・関税・物品税・固定資産税・印紙税・公益あるいは退職金積み立てに関する雇用関連税など、様々な形での税金が生じます。さらに、従業員の税金、付加価値税(VAT)・消費税のような間接税の徴収・納付をおこないます。社会貢献の一環として徴収・納付する税金の一部は地域経済と福利に使用されています。

事業を行う地域の関連税務法規を遵守し税務当局との間に透明かつ専門的・建設的な関係を構築しており、国内ならびに国際租税体系に対する透明性と公共の信頼確保に取り組みます。

また、開示規制を遵守し、税務の透明性への取り組みについての文書「タケダグループの税務コンプライアンスに対する取り組み」をコーポレートサイトで公開しており、以下の項目について開示しています。

  • ガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンス
  • 移転価格ポリシー
  • 税務戦略
  • 税務当局とのコミュニケーション
  • 現行の国際税務体制
  • 税務リスクに対する考え方