アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

質の高いケースマネジメントを通じてジェンダーに基づく暴力のサバイバーのための支援を改善

最も社会から取り残された人々を含め、質の高いサービスへの持続可能なアクセスと利便性を確保するためのシステムを強化し、ケースマネジメント能力を向上させます

クレジット: UNFPA Maxence Bradley


プログラム概要

 

IAEA-Logo-E_horizontal_Blue.jpg

パートナー:国連人口基金(UNFPA)
予算9億9,800万円
期間4年
開始2022年
地域アゼルバイジャン、エルサルバドル、インドネシア、マダガスカル、ジンバブエ

UNFPAのウェブサイト

 

包括的なケースマネジメントを含む社会サービスへの投資は、ジェンダーに基づく暴力(GBV)のサバイバーの差し迫ったニーズであるにもかかわらず見過ごされがちです。本プログラムは、教育機関、政府、市民社会と連携して、集中的なトレーニング、メンタリング、モニタリング方法を通じて社会サービスシステムを強化し、ケースマネジメントのレベルと質を向上させることを目的としています。これにより、最前線で活動するGBVワーカーが技能を習得でき、障害者、LGBTQI、未成年など最も社会から取り残された人々を含む、すべての女性と少女に対して直ちに支援を提供できるようになります。

 

クレジット:UNFPAインドネシア


btn_apply.jpg



関連コンテンツ