アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

支援が届きにくい女性や少女を対象に持続可能で女性中心の医療へのアクセスを改善

人材、保健システム、地域社会の支援機構を強化することで、性と生殖に関する包括的な保健サービスを構築します

クレジット: Ipas Pakistan


プログラム概要

 

IAEA-Logo-E_horizontal_Blue.jpg

パートナー:Ipas
予算9億9,900万円
期間4年
開始2022年
地域エチオピア、インドネシア、パキスタン

Ipasのウェブサイト(英語)

 

世界で最も遠隔地にあり、脆弱で支援が届きにくい地域の女性や少女は、性と生殖に関する健康(Sexual and Reproductive Health)のための質の高い医療を受けられないことが多く、予期せぬ妊娠、危険な中絶による死傷、その他の潜在的な教育および経済機会の喪失につながる可能性があります。本プログラムの目的は、女性中心の医療の原則に基づいた臨床トレーニングとメンター制度を統合することにより、エチオピア、インドネシア、パキスタンの支援が届きにくい女性や少女に対して、性と生殖に関する包括的な保健サービスのアクセスおよび利用を改善することです。

 

クレジット:Richard Lord(アイパス) 


btn_apply.jpg



関連コンテンツ