アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

コミュニティーヘルスワーカーの能力強化を通じた母子保健の支援

約50万人に保健医療に関する知識とサービスを提供することで、母子の「予防可能な死」を削減


プログラム概要

world_vision.jpg

パートナー: ワールド・ビジョン
予算: 5億円
期間: 5年間
開始: 2016
対象地域: インド、バングラデシュ、ネパール、アフガニスタン


プログラムの成果


タケダは、ワールド・ビジョンとのパートナーシップにより、インドの貧困地域167か所で、地域医療機関と医療ボランティアの能力強化に向けた活動を支援しています。このプログラムによる地域活性化で変化した健康への意識について、支援地域の家庭やヘルスワーカーの声を直接お聞きください。


本プログラムでは、支援地域のコミュニティー・グループや母親など家庭の意思決定者を対象に、安全な妊娠・出産の基本原則や定期健診の重要性についての意識啓発に努めています。これによって地域の健康や福祉がどのように改善されたか、ネパールの貧困地域における成果をご覧ください。


btn_apply_j.jpg



関連コンテンツ