アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

イノベーションと顧みられない熱帯病の制圧:困難の多い諸島コミュニティの生活向上に向けて

顧みられない熱帯病の治療提供、コミュニティのエンパワーメント、ヘルスワーカー能力強化、および保健システム強化を支援


プログラム概要



Bridges Letterhead.jpg

パートナーBridges to Development
予算6億8100万円
期間3 年間
開始2020年
地域バヌアツとパプアニューギニア

Bridges to Development ウェブサイト(英語)


早期の予防や治療が可能であるのも関わらず、世界で15億人以上の人々が顧みられない熱帯病 (NTDs) に感染しているか、或いは感染リスク下で生活しています。太平洋諸島の多くのコミュニティはNTD感染のリスクが高く、NTDsが人々の生活に悪影響をおよぼしています。本プログラムでは、医療従事者の能力強化や医療へのアクセス改善を通じ、ターゲットとしている顧みられない熱帯病(リンパ系フィラリア症、イチゴ腫、ハンセン病、トラコーマ、疥癬、土壌伝播寄生虫症)の制圧・抑制を目指します。

BtD_1.png

BtD_3.png


btn_apply.jpg



関連コンテンツ