私たちがめざすCSR

Recognized as one of the top companies of "Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index" & "Global 100-Most Sustainable Corporations in the World"

国際社会と連携し
疾患予防に注力することで患者さんと医療の未来に貢献し続ける

すべての人々が医療にアクセスできる世界を実現し、予防対策をさらに進めることで命と健康に貢献する。それが、私たちのビジョンです企業の枠にとらわれず、国際社会とにこの目標を達成していくことを目指しています。

CSR Topics

社会的責任投資指数「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」に
9年連続で選定

社会的責任投資指数「FTSE4Good Developed Index」に14年連続で選出

「世界で最も持続可能な100社」に3年連続で選出

国際機関等とのパートナーシップで、グローバルな活動を推進

私たちは、国連グローバル・コンパクト(GC)加盟企業として、主要な国際機関やNPONGOCSR推進団体とのグローバルな連携と協議を進めており、「途上国・新興国の人々の健康に貢献する予防活動」というテーマに沿った様々なCSRプログラムを推進しています。また、タケダは多様なコミュニティやステークホルダーとの対話を通じて、CSRに関わる長期トレンドや現在および将来における当社に対する期待を把握することに努めています。

未来へ寄り添う長期的な支援を、同時に複数展開

私たちは、従来より保健医療アクセスの改善を目的としたCSRプログラムの充実に取り組んできました。「途上国・新興国の人々の健康に貢献する予防活動」というテーマは、一長一短で解決する問題ではなく、未来を見据えて長期的な計画で臨まねばなりません。そこで、必要とされる資金を3年~10年と継続して提供し、成果を生み出す努力を続けています。

2016年度より、世界中の全従業員が参加する投票で、選出された6つのグローバルCSRプログラムを実施し、2018年度も新たに3つのプログラムの実施を決定しました。

 

詳細を見る

常にサステナビリティ(持続可能性)の視点を持って事業活動に取り組んでいます。

私たちは企業市民として、社会の持続可能性を高める活動に関わることで、社会との深い信頼関係(Trust)を築いて評価(Reputation)を高め、さらなる「医薬事業」(Business)の成長へとつなげる、CSRによる価値創造・保全モデルを実践しています。そのための具体的な活動の推進として、国連グローバル・コンパクト(GC)の10原則などの国際的な規範や、「持続可能な開発目標(SDGs)」などの国際的な長期目標を参照しています。


国際機関等とともにグローバルヘルスの課題解決に取り組んでいます。