サハラ以南のアフリカ諸国の医療専門家5,000名トレーニングプログラム

医師、看護師、助産師等医療専門家が極度に不足している国々では、妊産婦と乳幼児の死亡率が高く、平均寿命は短くなっています。WHOによると、2030年までに世界で1,800万人の医療専門家が不足すると予想されています。医療専門家の不足は、予防または治療可能な病気で命を落とす人々が増加することを意味します。

Photos by Seed Global Health.

プログラムの目的

タケダは、シード・グローバルヘルスとのパートナーシップで、医療専門家不足が特に深刻なサハラ以南のアフリカ諸国で、持続可能な医療システムの構築を促進しながら、熟練した医療専門家不足の解決の手助けをします。私たちは、このサハラ以南のアフリカ諸国のパートナー機関や政府と一緒に取り組み、5,000人の医師、看護師、助産師の教育、トレーニング、指導を支援しています。

 

パートナー: シード・グローバルヘルス
予算: 5億円
期間: 5年間
開始: 2018-19
対象地域: サハラ以南のアフリカ諸国

関連情報(英語サイト)

 


  
その他のプログラム

2018年度に選定した団体

コミュニティ・ヘルス・ワーカーの育成〜遠隔地を理由に人命が失われない世界へ
詳しく見る

サハラ以南のアフリカ諸国における保健システムの強化
詳しく見る