腸管急性移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)の予防を目的としたベドリズマブの第3相試験

情報作成日:2019年8月30日


この臨床試験の対象となりえる方(主な項目)

・造血器悪性腫瘍又は骨髄増殖性疾患の治療のため、末梢血幹細胞又は骨髄のいずれかの移植細胞を用いて、ヒト白血球抗原(HLA)8/8又は7/8適合(HLA-A、B及びC座の抗原、HLA-DRB1座のアレル)非血縁者間造血幹細胞移植(HSCT)を受ける方

・骨髄破壊的移植前処置又は骨髄非破壊的移植前処置を受ける予定の方


この臨床試験の対象とならない方(主な項目)

・同種又は自家造血幹細胞移植の既往歴がある方

・臍帯血移植を受ける予定の方、又は移植後のシクロホスファミド投与、抗胸腺細胞グロブリン(ATG-F 又はサイモグロブリン)を除く生体内又は生体外T細胞除去造血幹細胞の投与が予定されている方


*こちらに記載された項目以外にも多くの基準があります。


この臨床試験の実施医療機関

*医療機関の情報については掲載について了承いただいた施設から掲載していきます。

医療機関の名称

住所

参加者募集状況

現在掲載可能な施設はありません。

 

 

 

 

 


臨床試験の概要

この臨床試験は、ベドリズマブを治験薬として、同種造血幹細胞移植(allo-HSCT)を受ける患者さんを対象に腸管急性移植片対宿主病(aGVHD)の予防を目的に行われます。

この臨床試験では、治験薬ベドリズマブ 300 mgまたはプラセボを決められた日に注射いただきます。

臨床試験に参加中は実施されている医療機関に来院ならびに入院いただくことになります。


臨床試験の詳細情報

この臨床試験の情報は以下のウェブサイト(外部サイト)でもご覧いただけます。試験IDや番号で検索するとこの臨床試験の詳細情報を確認できます。

試験ID : Vedolizumab-3035

JapicCTI(日本語)
JapicCTI番号 : JapicCTI-184221

ClinicalTrials.gov(英語)
ClinicalTrials.gov番号 : NCT03657160


臨床試験の結果

この臨床試験の結果は、臨床試験が終了した後にタケダのポリシーに基づき、以下のサイトで掲載します。

臨床試験情報専用サイト TakedaClinicalTrials.com


お問い合わせ先

この臨床試験情報に関するお問い合わせはこちらのフォームまでお願いします。
*臨床試験への参加のご要望や病気のご相談などは薬事関係法令上、受け付けていませんので主治医の先生にご相談ください。