ワクチンビジネス部門

Message

ラジーヴ・ェンカヤ

グローバルワクチンビジネス プレジデント

Rajeev Venkayya, MD
President, Global Vaccine Business Unit

タケダは、70年以上にわたるワクチン製造を通して、日本脳炎、麻しん、風しん、おたふく風邪、ジフテリア、破傷風、インフルエンザ、水痘といった多くの感染症から日本の人々を守ってきました。 今日では、世界で最も困難といわれるデング熱、ジカ熱、ノロウイルス、ポリオといった感染症対策のために、革新的なワクチン開発に取り組んでいます。

For more than 70 years, Takeda has produced vaccines to protect adults and children in Japan from infectious diseases including Japanese encephalitis, measles, rubella, mumps, diphtheria tetanus toxoid, egg-based seasonal flu, varicella and H5N1 flu. Today, Takeda’s global vaccine business is applying innovation to tackle some of the world’s most challenging infectious diseases, such as dengue, Zika, norovirus and polio.

 

ワクチンビジネス部門の活動

ワクチンは、世界の公衆衛生を飛躍的に向上させてきました。タケダでは、世界トップレベルのワクチンチームが、革新的な開発プラットフォームを活用し、また、最先端を走るパートナーとのコラボレーションを通じ、未だ満たされていない医療ニーズに応える対感染症ワクチンの開発に取り組んでいます。

 


日本におけるワクチンビジネス部門の活動

 病気になることを防ぐための医薬品を作る

麻しんや風しん、おたふくかぜ、インフルエンザなど、病気を防ぐための医薬品がワクチンです。当初、光工場はワクチンの工場として開設されました。現在では、最新鋭のロボットを備え、スピーディーかつ安全なワクチン製造プラントとなっています。日本政府のパンデミックインフルエンザ対策の方針に沿って、国民の約25%にあたるパンデミックインフルエンザワクチンを半年間で供給できる体制を整えています。もしもの時に対応できる工場として責任を果たせるよう、日々の業務を真摯につとめています。


新卒採用について