アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

金融業界で培った専門知識をグローバルな製薬会社で活かす

ジョセフ・ケアンズ
インベスターリレーションズ
シニアダイレクター

株主や証券アナリストとの関係構築や情報発信を担当するインベスターリレーションズ部門で活躍するジョセフは、イギリス西部のウェールズ出身。香港の証券会社で日本の製薬業界の株式調査を担当したことからタケダに出合い、縁あって入社して1年ほど経った。人の健康に役立つ製薬業界で、金融業界で得た知見を活かすことができるこの仕事にやりがいを感じていると話す。

東京にいながら世界の仲間と働く 

世界の約80の国と地域で事業を展開し、東京とニューヨークで上場するタケダには、日本だけでなく世界中に株主が存在する。機関投資家からの注目も高く、必然的にグローバル規模での連携が必要となる。香港でタケダに出合い、現在は東京で世界の仲間と働く環境について、自分のスタイルに合っているという。

「普段のコミュニケーションは日本語3割、英語7割くらい。東京の同僚も他の国の仲間も、オンライン会議で頻繁に話すので、国籍やどのオフィスで働いているかはあまり気にしていない。ただ、時差だけは調整に苦労しますね」。

多様な人材が集まる職場で働くコツを聞くと、「タケダはグローバル企業。上司・部下の上下関係のようなものは感じない。仲間のそれぞれのバックグラウンドやコミュニケーションを取る相手の個性を尊重することはとても大事です。大切なのは、お互いに知ろうとする気持ちだと思います」と話す。

忙しいなかでもワークライフバランスを確保

ジョセフには、7歳、3歳、0歳の3人の子供がいる。「早朝や夜に会議があった日は、翌日に自分で勤務時間をコントロールして、ワークライフバランスを保つようにしています。家族との時間もきちんと作りたいですから」。そう話すジョセフにとって、育児にも積極的に関わりながら働ける環境もタケダの魅力の一つだ。今後は子供の看護休暇・ファミリーサポート休暇・ベビーシッター派遣事業割引券の活用も考えているという。

ダイバーシティが自然に達成された環境

職場のダイバーシティについてもジョセフは高く評価している。「自分や仲間の国籍やバックグラウンドを意識することはないですね。自然にインクルーシブな環境が醸成されている気がします」。

そして、タケダへの入社を考えている人へのメッセージとして、「私の場合は、足掛け12年にわたって金融業界で得た知識と経験を活かせる環境をとても気に入っています。日本だけでなくグローバル規模で人々の健康に寄与することのできる、やりがいのある企業だと感じます。皆さんもご自身の経験をタケダの自由な環境のなかで活かすことができると思いますよ」と語ってくれた。

  

プロフィール
イギリス西部のウェールズ出身。大学時代に空手を経験。卒業後は英国で製薬企業に入り経験を積み、その後、英語講師として来日。新潟で数年過ごし、鹿児島で日本企業に勤めた。環境分野の専門知識を学んだのち、東京で金融業界に入り、中国や東南アジアへ頻繁に出張して二酸化炭素排出権の交渉を担当するなど、着実に経験を積んだ。香港で経営学修士(MBA)を取得したのち、現地のヘッジファンドや証券会社で日本の製薬業界の株式調査を担当。そこでタケダに出合い、日本へ帰国後の2020年に入社。