アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

個人の力と組織の力が融合した強い会社


吉田(
Rare Disease Business Unit

タケダは、新たなチャレンジを歓迎し、失敗を恐れずいつも前向きに力をくれる会社です。常に成功事例を共有し、行き詰ったことがあっても部署を越えて積極的にサポートし合います。他事業部の仲間とも積極的にコミュニケーションをとれるので、個人の力と組織の力が融合した強い会社だと感じています。

KAM(キーアカウントマネジャー)とは、どんなお仕事?

エリア単位でご前門の先生を担当し、広範囲に正確な医薬品情報を提供するためにイベントを立案・開催します。情報発信するイベントを企画することで、患者様のQOL改善に貢献しています。エリアの垣根を越えた大小様々なイベントの企画に加えて医薬品情報の整理も担い、営業本部の潤滑油的な役割を果たしています。

チームの強み

希少疾患が故に情報量が少なく、必要な診断がされておらず、薬剤そのものが知られていないケースがあります。このような背景があることから、私たちが正確かつ迅速に薬剤の情報を届けることが、患者さんのQOLを大きく左右します。私が所属するチームでは、自ら動いた分患者さんのQOLが改善されるという喜びを感じることができます。緊張と責任が伴う一方、まさしく生命関連企業で働いている実感も強いです。

私のワークライフバランス

関東圏在住ですが、担当は北海道・東北、北関東甲信越エリアなので、日々出張という働き方です。しかしワークスタイルも変化してきており、直接訪問ではなくWEB面談やビデオメッセージを頻繁に活用しています。また、準備から本番まで完全リモートでイベントを企画運営したりとチャレンジングに活動しています。タケダはチャレンジを恐れずに実行できる風土があるので、何事も前向きに取り組めています。

2020年3月に第一子が誕生し、私の癒しNo.1です。今までとは違う生活リズムに戸惑いつつも、子供の笑顔に癒されます。日々成長する姿を見ながら自分自身刺激を受けています。癒しNo.2はウサギです。仕事の合間や明け方には”ウ散歩“をしています。
大学野球や応援団を見に行くことが好きで、仲良くなった学生を家に招いて食事もしています。