制度

出産、育児、介護など、社員や家族のライフステージに変化があっても、柔軟に働き続けるために。様々な制度で、従業員のワーク・ライフ・バランスを支援しています。


出産・育児関連

産前・産後・育児休暇の他、妊娠中や出産後1年は体調によって勤務の緩和や、有給通院の制度があります。さらに、保育所への入所活動時に必要な情報、および活動方法のアドバイスや、育児休暇中のビジネススキルの向上をサポートしています。
男性社員も、配偶者の出産などにあわせた特別有給休暇や育児休暇を取得できます。2017年度はイクメン研修やイクボス研修等、働き方改革を促進する取り組みの実施により、当該男性社員の72.2%が育児休暇を取得しました20183月末時点)


保育支援

職育近接を実現するために、神奈川県藤沢市の湘南研究所には事業所内保育施設「タケダキッズ」を開設。
他の事業所でもベビーシッター、育児サポートの補助券の配付や全国保育サービス協会のベビーシッター割引券が利用でき、仕事と育児の両立をサポートしています。


その他の制度

介護休暇やボランティア休暇、公的機関、NGO、NPOが主催する社会貢献活動に参加するためのフィランソロピー休職制度、結婚、出産、育児、介護などを理由に自己都合退職した人を再雇用するOB・OG再雇用制度など、さまざまな視点から社員のワーク・ライフ・バランスを支援するための制度が充実しています。


フレキシブルワーク

業務のニーズに応じ、フレックスタイム制や在宅勤務制を利用できます。家族の用事や自己研鑽、出張前後、早朝・深夜帯にかかる海外との会議等にあわせてさまざまな活用がされており、現在、社員の約91.5%がフレックスタイム制を、約32.2%が在宅勤務制を使用しています20183月末時点)。制度を利用している社員からは業務効率の改善やワークライフバランスに役立っているとの声が寄せられています。