多様な働き方が実現できる社風

リサーチ ニューロサイエンス創薬ユニット
主席研究員
Michiyo M.

私は、従業員の草の根ネットワークである「はなみずき」運営委員として従業員のダイバーシティに対する気づきや理解の促進をテーマにした講演会・ワークショップを企画、実施してきました。この数年で働く環境は大きく前進したと実感しています。勤務時間中の「中抜け」ができるようになり、勤務途中に子どもの授業参観に行ったり、再び職場に戻るなど柔軟な働き方が実現しました。また、子育てをしている女性幹部も増え、以前のような特別な存在ではなくなりつつあります。業務上でも男女を問わずチャレンジする機会があり、働きがいがある職場だと感じています。