いつか、どこかで、誰かのために: 世界へ届くおくすり

初代近江屋長兵衞が大阪で和漢薬の商いを始めたのは1781年。
いかなる時も誠実に公正に品質確かな薬種をいち早く届けることで信頼を築き今日まで230年以上続くタケダの歴史の礎を築いた。

その想いは、時代を超えて継承されている
いま、私たちは海を越え遠い空の彼方で病に苦しんでいる患者さんその家族、そして治療に当たる医療従事者のもとへより良い品質薬剤届けるために、あらゆる努力を惜しまない
最先端の技術を集めた環境を整え、定められたルールを厳密に守り、それ以上に慎重であり丁寧であることにこだわる。
すべては患者さんのために。



関連情報