TAKEDA Japan in the News

Rare Disease Day 2020 シンポジウム 希少疾患の課題解決を目指して
朝日新聞デジタル広告。希少疾患患者の生活の質の向上を目指し、毎年2月最終日に「Rare Disease Day(世界希少・難治性疾患の日)」として、世界中で様々なイベントが開催されている。
その一環として「Rare Disease Day 2020 シンポジウム」を開催。希少疾患患者が抱える課題の解決を目指し、関係者が語り合った。
詳しく見る

グローバルでもブレない「タケダ」の競争戦略論
NewsPicks企画の第一弾。グローバル化が進む今、日本企業に求められる経営戦略、またビジネスパーソンに求められる視座とは何か。
タケダの国内医療用医薬品を取り扱うジャパンファーマビジネスユニット プレジデントの岩﨑真人と一橋ビジネススクール教授の楠木建氏との対談からひも解く。
詳しく見る

【座談会】もう“レガシー”と言わせない。タケダに浸透する「バリュー」&「グローバリズム」
NewsPicks企画の第二弾。創業の地である日本事業部門は多様性が浸透し、社内転職を経て多彩なキャリアを築いたり、海外から日本へと移籍する外国人がいるなど、さまざまなバックボーンをもった人材が働いている。3人の社員が現在の働き方について語る。
 

ヘルスケアを「再定義」せよ。デジタル×製薬による新たな医療の未来
NewsPicks企画の第三弾。2030年を見据えた時、データやテクノロジーによって医療の世界はどのように変化するのか。
JPBUプレジデントの岩﨑と慶應義塾大学の宮田裕章教授の対談。