アクセシビリティ機能を有効化 アクセシビリティ機能を有効化

がん患者さん・ご家族支援

タケダが取り組む理由

タケダは、がんサバイバー、ケアギバー(家族、遺族、支援者)をたたえ、地域社会全体でがんと闘うための絆を育むための、チャリティーウォーキングイベント「リレー・フォー・ライフ(RFL)」を支援しています。

 

  • 「がん患者さんの生きる希望を支えること」に重点を置いた従業員参加可能なイベントで、世界中の人々の健康に貢献するというタケダのミッションに合致する内容であること
  • 特定のがん疾患に限ったイベントではなく、すべてのがん患者さんを幅広く支援する内容であること
  • グローバルに展開されているがん患者さん支援イベントであり、今後、タケダとしてグローバルで連携した活動など更なる広がりも考えられること
  • 日本における「リレー・フォー・ライフ」の名称使用権を日本対がん協会が一括管理するなど、運営のガバナンスが整えられていること

 

リレー・フォー・ライフ(RFL)とは

がんサバイバー、ケアギバー(家族、遺族、支援者)をたたえ、地域社会全体でがんと闘うための絆を育むための、チャリティーウォーキングイベントです。1985年にアメリカで始まったこの催しは、参加者がリレー方式で24時間歩きながら寄付を募る形式で、現在は世界30カ国、約4,500カ所で開催され、年間募金額は300億円にのぼります。
さらに詳しい情報や他会場の情報は、リレー・フォー・ライフ・ジャパンのサイトをご覧ください。


従業員535人が参加し、地球1.4周分相当を完歩

コロナ禍で行われたリレー・フォー・ライフ「セルフウォークリレー2021」において、当社では「チームタケダ」を結成し535人の従業員が参加し、チームトータルで歩いた距離は56,564km (80,806,164歩、およそ地球1.4周分に相当)に達しました。さらに、本イベントにおいて、従業員が歩いた歩数に応じて、1,000歩につき7円のマッチングギフトを実施し、予定していた上限額の40万円を日本対がん協会に寄付することとしました。
なお、「セルフウォークリレー2021」では、専用のウォーキングアプリの開発においても、モニターボランティアとしてタケダの従業員が参加しています。

  

従業員の声